≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤百合

2016年7月21日(木)の全国紙に出ていたコラムです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

10代からジャズ評論で知られた大橋巨泉さんは早大の俳句研究会で寺山修司という新入生の句と出合う。

<黒人霊歌桶にぽっかりもみ殻浮き>。

ここは一言あるべしと巨泉さんが尋ねた。

「君はどれほど黒人霊歌について知っていますか」。

▲「では、大橋さんは東北の薄暗い厨房についてどのぐらいご存じですか」。

新入生はすぐに短歌に転じ、彼の才能に衝撃を受けた巨泉さんは俳句をあきらめる。

やがて2人は「11PM」でこの場面を語り合うことになった。

▲その巨泉さんが若き日のジャズと俳句趣味との幸福な結婚と評する「作品」がある。

1969年のパイロット万年筆のCM、「みじかびのきゃぷりきとればすぎちょびれ すぎかきすらのはっぱふみふみ」である。

当時、爆発的人気を呼んだポップアート短歌だった。

▲ジャズメンたちが好んだ隠語や語呂合わせと、五・七調の韻律を融合させたというのがご当人の説明である。

後に岡井隆さんが編んだ「現代百人一首」にも選ばれたこの歌だが、もちろんそこには寺山修司の一首もあった。

歌の世界での2人の意外な「再会」だった。

▲今さら並べ立てるまでもない多彩な才能や趣味すべてを生かして「テレビが家庭の王様だった時代」の王子を演じてみせた巨泉さんである。

90年に自らほとんどの番組を降板した「セミリタイア」にいたる四半世紀、テレビのホスト役の神髄を身をもって示し続けた。

▲同じ昭和ヒトケタ世代で、テレビ草創期からの親友、永六輔さんの訃報を知らぬまま逝った巨泉さんだ。

「誰だって巨泉のように生きたい。」とは、永さんが一昨年の小紙連載に記した言葉である。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

あのころのテレビは、画質も音質も劣悪でしたが、今にして思えば、夢、品、粋がありました。

而して時は過ぎ、人は去って行くのです。

コムタンラーメンパック

株式会社農心ジャパンの輸入による『農心(NONGSHIM) コムタンラーメン』を入手しました。

何度めかのリピートです。

コムタンラーメンコクと旨み

韓国ラーメンというものは、急に食べたくなるのです。

コムタンラーメンレシピ

今までは書いていませんでしたが、レシピに「〆にご飯」と記されています。

これは『カムジャ麺』のそれと同じです。

日本向けの韓国ラーメンには、そう書くことにしたのでしょうか。

コムタンラーメン顔

『コムタン』とは、牛肉、モツなどを長時間煮込んだスープのこと。

「コム」は「煮出す」、「タン」は「スープ」を意味するのだそうです。

「タン」は中国語の「湯(タン)」に通じるのでしょうか。

コムタンラーメンアップ

このスープは全くクセがなく、麺も中細でツルツルッと食べられます。

以前は、よくウズラの卵をトッピングして食べたものです。

俄に『ノグリラーメン』も食べたくなってきました。

やはり『麺喰い』は続くのです。

汁なし担々麺トップ

サンヨー食品株式会社による『サッポロ一番 汁なし担々麺 刀削麺風』を入手しました。

汁なし担々麺サイド

「刀削麺」とは、ネタの塊を刃物で削って作る麺で、独特の食感を持ちます。

この製品の麺は「刀削麺風」で、本当の「刀削麺」ではありませんが、インスタントラーメンでは初めてのものだと思います。

「かやく」は、チンゲン菜、鶏・豚味付肉そぼろ、ピーマン。

「たれ」は、ねりごま、豆板醤が入った本格派。

汁なし担々麺レシピ

サイトの紹介文は・・・・

独自の特許製法により、刀削麺に見立ててつくった麺です。

薄い部分はツルツルとした食感で味のりがよく、厚い部分はしっかりとした食べごたえを感じさせます。

タレは、ねりごまの風味と豆板醤の辛みをきかせ、麺との絡みをよく仕上げました。

汁なし担々麺アップ

香り豊かなラー油さわやかな花椒の香りが食欲をそそる、後引く辛さの担々ダレです。

具材は、シャキシャキとした食感のチンゲン菜に、うまみのある肉そぼろ彩りのよい赤ピーマンを合わせました。

「刀削麺」は、中国産、台湾産のものが売られています。

自分も何度か買って食しました。

刀削麺

自家製のスープと合わせて『ラーメン』として食べていましたが、今回、『汁なし』という手があったか、と気付かされました。

『刀削麺風』を食べたら、また本物を購入してみましょう。

ボルシチ味ヌードルトップ

東洋水産株式会社による『ボルシチ味ヌードル Borsch meets Noodle』を入手しました。

ボルシチ味ヌードルサイド

この製品は昨年の発売ですが、東洋水産のサイトに見当たらないので、早くも製造終了となったのかもしれません。

しかし、賞味期限は今年の10月なので大丈夫です。

ボルシチ味ヌードルカット

ボルシチは、ロシアの、テーブルビート(赤カブに似た根菜)各種の肉野菜煮込んだ料理。

テーブルビートから出る赤銅色が特徴です。

ボルシチ味ヌードルコピー

このロシア伝統食に麺を合わせようとは、東洋水産もやるものです。

ボルシチ味ヌードル皿

日本人向けの味にアレンジされているのでしょうが、このコラボは実に興味深いものがあります。

「かやく」は、味付牛肉ポテトたまねぎにんじん

ボルシチ味ヌードル麺

油揚げ麺55グラムと小ぶりですが、スープがコク深いので、それなりの満足感が得られそうです。

梅雨明け間近と思われる日々、日露折衷ヌードルで一息入れましょう。

デカブトトップ

日清食品株式会社による『DEKABUTO<デカブト> 濃厚鶏ガラ醤油』を入手しました。

デカブトサイド

そのサイトには・・・・

大盛濃厚でやみつきに!! 食べ応えの太麺!!

スープを醤油スープの定番である、鶏ガラベースのスープに変更。

香味油を利かせた太麺にあう濃厚スープが特徴です。

麺はつるみコシのあるストレート太麺

デカブト具材

具材はミンチ肉コーンネギ

デカブトアップ

『DEKABUTO<デカブト>』シリーズには、他に3つの製品があります。

デカ味噌

『DEKABUTO<デカブト>香熟味噌』

デカ豚骨


『DEKABUTO<デカブト>黒マー油豚骨』

デカブタキム

『DEKABUTO<デカブト>豚キムチ』

暑い夏を熱いラーメンで乗り切りましょう。

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。