≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

静岡産の小女子(こおなご)の佃煮があったので、これを煮て『タイ風あまから小女子ラーメン』を作ってみました。

パクチ<br />ー

パクチー(コリアンダー)も入れて、ますますタイ風にしました。

海老

高知産焼きエビを加えたので、実に良い旨味が出ました。

小女子

小女子は甘いのですが、トムヤムペースト小さじ2とフライドガーリック大さじ1のおかげで、タイ風スープの「甘い」部分を受け持ってくれました。

麺スープ

北海道道南産天然真昆布でダシを取った400ccのミネラルウォーターを沸かし、キャベツ(中)の葉2枚、長ネギを刻んだもの大さじ1、焼きエビを煮込んだスープには、化学調味料無添加オイスターソース小さじ1、瀬戸内産天然塩小さじ2、化学調味料無添加XO醤小さじ1、チリペッパーパウダー小さじ1、一味唐辛子小さじ1、純米酒大さじ1も加え、醤油は一切使いませんでした。

麺アップ

麺は、イトメンの無塩インスタント麺を用いました。

中太麺で程良く縮れているので、スープの絡みも良好です。

小女子の佃煮はそのまま食べると固いのですが、このように煮込むとものすごく柔らかくなり、また結構な味も出してくれるので重宝です。

「あまから」のスープを作るときには便利です。

和の食材を他の国籍のスープに利用するのも、料理の幅が広がって楽しいものです。

海苔の佃煮、ハマグリのしぐれ煮、タケノコの煮物、なめこの瓶詰め、茎ワカメなど、使えそうなものはたくさんあります。

工夫して活用していこうと思います。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。