≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

緑豆でできた『平麺はるさめ』で『はるさめ塩ラーメン』を作ってみました。

スープには、愛媛県特産『万長ラーメン』の練りスープを使いました。

400ccのミネラルウォーターに、北海道上浜産天然日高昆布2分の1本を入れて40分間放置。

これを火にかけ、沸騰寸前に昆布を引き揚げます。

スープ1袋を加え、瀬戸内産天然塩小さじ1、フライドガーリック小さじ1、化学調味料無添加オイスターソース小さじ1、純米酒大さじ1で味を調えます。

そこに、小松菜(中)2把、モヤシ3分の1袋、ウズラの卵1個を入れて軽く煮ます。

小松菜は鮮やかな緑色がくすまない程度、モヤシはシャキシャキ感が損なわれない程度に煮ます。

別の鍋でたっぷりのミネラルウォーターを沸かし、はるさめを硬めに茹でます。

器にスープを移して、はるさめと合わせ、国産焼き海苔1枚をちぎって載せれば出来上がりです。

れんげ

『万長ラーメン』のスープをベースにした塩味スープは、化学調味料の味がほのかにしますが、例によって自然の調味料や素材を多く加えましたので、美味しく仕上がりました。

具材

小松菜もモヤシも、さっと煮るのがポイントです。

これらの野菜はもちろん煮込んでも良い味を出してくれるのですが、今日は塩味スープという淡色のスープに入れるということで、特に小松菜のきれいな緑色を大事にしたかったので、煮込みませんでした。

はるさめスープ

このはるさめは、コシと弾力、ツルミが素晴らしく、どちらかというと『葛切り』に近いのですが、目をつぶっていただくと、出来の良いうどんでも食べているような食感です。

はるさめラー油

また、こういうスープにはラー油がピッタリです。

因に、このラー油はいつも自分で調合します。

さる会社の、唐辛子などが入っていないラー油に、純正ゴマ油と七味唐辛子、場合によってはレッドペッパーパウダーを加えます。

はるさめアップ

ダイエット用のはるさめラーメンが売られていますが、大抵のはるさめはコシがなくて面白くありません。

その点、『平麺はるさめ』は実に美味です。

やっていてつまらない、苦痛だ、というダイエットは必ず挫折して失敗します。

普通のはるさめに飽きたダイエッターの方々、美味しい『平麺はるさめ』がオススメです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。