≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハウス箱

『ハウスカリー屋ハヤシ』を使って『ハヤシラーメン』を作ってみました。

どんぶり

北海道上浜産天然日高昆布でダシを取ったミネラルウォーター(350cc)に入れるのは、トマト(中)1個、千切りキャベツ、レタス、長ネギ、スライスしたレッド&イエローパプリカ、切ったハンバーグ、小松菜、ウズラの卵。

これらを『ハウスカリー屋ハヤシ』と共に煮込みます。

味の補強に、白ワイン(大さじ2)、瀬戸内産天然塩(小さじ1)、フライドガーリック(小さじ1)、化学調味料無添加・顆粒鶏ガラスープ(小さじ2)を加えます。

ハヤシには、普通、赤ワインを入れますが、今日は淡泊な味わいを出すために白ワインを使いました。

レンゲ

濃厚そうに見えますが、ダシしっかり、味あっさりに仕上がりました。

麺スープ

麺はイトメンの無塩縮れ麺。

卵ほか

ウズラの卵とハヤシスープが、これもまた合うのです。

麺アップ

『ハヤシ』の語源には諸説ありますが、『Hashed beef with Rice(ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス)』が転訛して『ハヤシライス』になったというのが有力だと思います。

また、『ハヤシライス』は日本で作られた料理だそうです。

洋食なのに純粋な洋食ではないのです。

ラーメンに似ています。

ラーメンも、中華料理でありながら日本で生まれたものですので。

カレーも良いですがハヤシも良いですね。

昔、『ハヤシライス』は、辛いカレーを食べられない子ども向けの食べ物のように考えられていた時期がありましたが、昨今のグルメ嗜好で、大人の食という地位を確立した感があります。

いつか、きちんとした洋食屋さんで本当の『ハヤシ』を食べたいものです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。