≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


直木三十五

直木三十五(なおき・さんじゅうご)。

1891~1934。

小説家、脚本家、映画監督。

大阪市出身。

本名、植村宗一。

早稲田大学中退。

出版社経営などを経て作家に。

『南国太平記』など、時代小説に優れました。

ペンネームの名字「直木」は、本名・植村の「植」を分解したもの。

おなじく名前の「三十五」は自分の年齢。

31歳のときから年齢の数字を名乗るようにして、歳を取るごとに三十二、三十三、と増やし、三十四は編集者のミスで世に出なかったものの、三十五で留めることにしました。

三十六までいくと「三十六計逃げるに如かず。」と言われるのを嫌ったから、など、三十五で名前を固定化した理由には諸説あります。

直木パイプ

直木三十五という作家の作品を読んだことがある若い人は、現在、殆どいないでしょう。

彼は、今や忘れられた小説家となってしまいました。

しかし、直木賞という名の文学賞を知らない人は多くないはずです。

然り、正式名称・直木三十五賞とは、直木三十五の業績を記念して設けられた賞です。

芥川龍之介を念頭に置いた、正式名称・芥川龍之介賞と共に、昭和10(1935)年、文藝春秋社社長・菊池寛によって作られました。

つまり、当時、直木は芥川と同格の作家だったのです。

さらに、菊池寛は直木の代表作『南国太平記』をふまえて、「大衆文学者と云われたが、彼の本領は、一個の大歴史小説家である。彼出(い)でて初めて日本に歴史小説が存在したと云ってもよい。」と激賞。

直木の死に際しては「天空を斬って無涯に消えた大才」と、最大級の賛辞を以てこれを悼みました。

直木手すり

直木の一生は、また波乱に富んでいました。

最初は早稲田大学の英文科に入りましたが、恋人と同棲していた下宿の家賃を捻出すべく、入学後1学期限りで学費が50銭安い高等師範部に転部。

月謝滞納で間もなく除籍処分となるのですが、その後も英文科の講義を聴き続け、卒業式当日には記念写真にもちゃっかり加わり、後日その写真を実家に送って厳父を安堵させたというから恐れ入る。

しかし、その後がいけません。

27歳で春秋社を設立し、翌年には雑誌『主潮』を主宰。

29歳で冬夏社を興すも半年で倒産。

以後、雑誌『人間』の編集や、聯合(れんごう)映画芸術家協会創設、『月形半平太』の映画化にも手を初(そ)めましたが、いずれも長続きせず、中途で頓挫。

その度に債鬼(さいき。厳しい借金取り。)に追われる羽目になります。

作家として功成り生活が安定し始めたのは、漸(ようよ)う死の3年前からです。

168センチ、45キロの痩躯(そうく)で、43年の生涯一気に駆け抜けました。

せめてあと10年生きて、純文学をも書いてほしかったと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。