≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


讃岐素麺

『讃岐素麺』と『播州素麺』を別々に茹でて冷水で締め、ひとつの器に盛って比べてみようと思い、『食べ比べつけめん』を作ってみました。

播州素麺

両方とも手延べではありませんが、それぞれ讃岐と播州の製麺会社の手になるものです。

<2人分のつゆの材料>

ミネラルウォーター600cc。

北海道上浜産天然日高昆布1枚。

化学調味料無添加・顆粒鶏ガラスープ大さじ2。

化学調味料無添加オイスターソース小さじ2。

瀬戸内産天然塩小さじ2。

本醸造丸大豆醤油小さじ2。

ガーリックパウダー小さじ2。

長野産大粒ナメコ1袋。

神奈川産小松菜(中)4把。

千葉産ズッキーニ1本。

<レシピ>

いつもと同じく、ミネラルウォーターに昆布を入れ、40分間放置。

それを火にかけ、沸騰寸前に昆布を取り出します。

そこに鶏ガラスープ、オイスターソース、塩、醤油、ガーリックパウダーを入れます。

ナメコ、刻んだ小松菜、輪切りにしたズッキーニを投入します。

あとはお好みの状態になるまで煮るだけです。

素麺は別々に固めに茹で、ザルに取って冷水で締めます。

ふたつの素麺を盛った器とスープを入れた器を並べて供します。

セット

間違えて麺とスープを左右逆に置いてしまいました。

手前が讃岐素麺、奥が播州素麺です。

素麺盛り

讃岐の方が心持ち白くて太いように見えます。

スープ

湯気でかすむスープは、大粒ナメコのおかげでとろみが付き、この季節、冷めにくくて嬉しいものとなりました。

素麺スープ

先ずは讃岐素麺をいただいてみました。

コシが流石な出来でした。

次に播州素麺をいただきました。

コシでは讃岐にわずかに負けますが、小麦の風味では勝っていたように思いました。

讃岐は太めで直線的な男性風、播州はしなやかで香り豊かな女性風、といったところでしょうか。

ナメコアップ

大粒ナメコも素麺と実に良く合っていて、おいしくいただきました。

最近では、普通の小粒ナメコよりこちらの大粒ナメコの方が好きになりました。

お値段もお手頃ですし、いろいろなものに使いたいものです。

袋の裏に「ナメコに片栗粉をまぶして油で揚げる」という「ナメコフライ」のレシピが載っていました。

いつかやってみましょうか。

ズッキーニアップ

ズッキーニはキュウリに比べて全くクセがなく、すぐに煮えて柔らかくなるので重宝です。

色もきれいですし、よく見ると対称な幾何学模様が面白いですね。

素麺アップ

同じ素麺でも産地などによって少しずつ風味が違うのです。

手延べではこれが歴然なのですが、今回やってみて、機械打ちでも違いがあるのだということがわかりました。

同じ種類の麺を食べ比べてみるのは、異なる麺を同時に食べるよりも、ひょっとして興味深いことだったのかもしれません。

ひとつ勉強できた気分です。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。