≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

広島産の生牡蠣(なまかき)を使って『広島牡蠣ラーメン』を作ってみました。

いつものように、ミネラルウォーター400ccに北海道上浜産日高昆布1本を入れて40分間放置します。

これを火にかけ、例によって沸騰寸前に昆布を取り出します。

ここに、軽く塩水で洗った生牡蠣1パックを投入。

煮立ってきたら、瀬戸内産天然塩小さじ2、本醸造丸大豆醤油小さじ2、ガーリックパウダー小さじ2、純正ゴマ油小さじ2を入れて味を調整します。

白菜(大)1枚、小松菜(小)2把を刻んで加え、煮込みます。

牡蠣から非常に良い味が出ますので、これでスープはオーケーです。

あとは硬めに茹でた中華麺と器で合わせれば出来上がりです。

かき

スーパーに「加熱調理用」の牡蠣しかなかったのでそれを買って来ましたが、当然「生食用」の方が味が良いので、できればそちらを使う方が良いでしょう。

かき野菜

しかし、牡蠣のエキスがよく出て、透明な海鮮スープができました。

れんげ

貝類は、すばらしいダシを提供してくれますので、特にスープに使うと絶妙な味を実現できます。

考えてみれば、いつも使っている「化学調味料無添加オイスターソース」は牡蠣エキスソースです。

「海のミルク」と呼ばれる牡蠣は、栄養と味の両面で料理を真に豊かなものにしてくれるのです。

スープ

今、牡蠣は旬を迎えていますので、お値段も非常にお手頃です。

色々な形で牡蠣を使いたいものです。

麺スープ

『牡蠣ラーメン』というものを初めて作りましたが、大成功でした。

麺アップ

麺は、イトメンの無塩製麺のものを使用しました。

こういう本物的なスープを作るときは、麺も生麺が良いのでしょうが、イトメンのインスタント麺も捨てたものではありません。

牡蠣ベースのスープを縮れ麺が上手に絡め取ってくれました。

牡蠣鍋でやるように、みそ味のスープにも牡蠣は合うでしょうから、みそラーメンに牡蠣を入れるのも良いと思います。

牡蠣をみそスープで煮込んだら、非常にコクのある味わいとなるでしょう。

次回はそれをやってみましょうか。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。