≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


淡路新聞

ご存じ、手延べ麺『淡路島ぬーどる』。

新聞の横幅とほぼ同じ長さのロングヌードルです。

喉越し

パッケージの横には、「『もちっ・つるっ・ほっと』するほんま癖になるのどごし!」と書いてありますが、本当にそのとおりです。

これと、消泡剤不使用・新潟県村上市の名産『村上の厚揚げ』をコラボさせて、『海苔厚揚げめん』を作ってみました。

厚揚げという食材は、焼く、煮るの両方に使えて重宝ですが、今日はじっくりと煮込みました。

ミネラルウォーター400ccに北海道産真昆2分の1本を入れ、30分放置。

それを火にかけ、いつもどおり沸騰寸前に昆布を取り出します。

そこに本醸造丸大豆醤油大さじ2、瀬戸内の天然塩小さじ2、白菜大1枚を刻んだもの、『村上の厚揚げ』を6等分に切ったもの2個を加え、煮込みます。

途中、ガーリックパウダーと純正ゴマ油適量で、味を調えます。

今日はダシがもの足りない感じがしたので、化学調味料無添加カツオダシ2分の1袋を入れました。

煮込むこと約20分。

白菜の茎が透き通るまでになったら、刻んだ長ネギを加え、火を止めます。

たっぷりのミネラルウォーターを沸かし、『淡路島ぬーどる』110グラムを固めに茹でます。

これをザルに取って湯切りをし、器でスープと合わせたら、国産焼き海苔大1枚を長方形に切って麺の周囲に敷き詰めて、出来上がりです。

どんぶり

国産の焼き海苔は、湯気の中からとても良い香りを放って食欲を増進させてくれます。

海苔

しかも、この海苔は長くスープの中に置かれていても全く湯崩れしません。

味もしっかりしているし、真に立派な海苔です。

こういうヌードルスープに最適ですね。

厚揚げ

『村上の厚揚げ』は、きめが細かく、それでいてどっしりしていて存在感があります。

大豆の味わいはもちろん、揚げ油であろうところのゴマ油の香りも感じられて、美味です。

それなのに驚くほどリーズナブルなお値段でした。

ありがたいことです。

ロング麺

『淡路島ぬーどる』はとても長いので、箸でつかんで引き上げると、こんな具合です。

たくさんつかんで一気にすすり込もうとすると、途中で息が切れてしまいます。

ですから、一度につかむ量は少なくしなくてはいけません。

少なく見えても麺が長いので、実は結構な量があるのです。

麺アップ

それにしても『淡路島ぬーどる』のツヤ、コシ、小麦の風味、喉越しの滑らかさは、独自の境地に達していると思います。

パスタに近い強いコシを持ちながらも、食べてみると非常にしなやかなのです。

これからも重用していきたいと思っています。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。