≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パッケージ

「喜多方のおいしい水と内モンゴル岩塩使用」というのに引かれて買っておいた『喜多方しょうゆ味ラーメン』の賞味期限が迫ってきたので、『ミートローフラーメン』にしてみました。

喜多方

稀釈スープには化学調味料が入っているのですが、それを補うために、北海道産真昆布と国産ムロアジ&サバ節でダシを取ったスープを作り、そこに切ったミートローフを泳がせました。

ミートローフ

このミートローフは、高級スーパーが「手作り」と銘打って売っていたものです。

香りがとても良く、ビーフの旨味が凝縮されています。

薄く切ってダシ汁の中に入れ、とろ火で数分間熱するだけで充分なミートエキスを出してくれます。

このスープで稀釈スープを割るのです。

そうすれば、化学調味料の匂いを天然のアミノ酸でやっつけることができます。

どんぶり

固めに茹でた麺と稀釈スープをダシ汁で薄めたスープを合わせ、ミートローフを載せて、刻みネギとウズラの卵を添えました。

ネギたま

やはりラーメンにはネギが合いますね。

冬のネギは臭みがなくて食べやすいので重宝です。

ネギは風邪の予防にも良いので、この季節、たくさんいただきたいものです。

ミートローフアップ

ミートローフの味は最高でした。

久しぶりに本当のミートローフを食べた、という感じがしました。

肉の美味しさを閉じ込めた一品で、買って来て良かったと思います。

スープ

スープは、ダシ汁と合わせた甲斐があって、化学調味料を封じ込めることができました。

一般のラーメン店でも化学調味料を使っているお店が多いことを考えると、このような工夫をするとは我ながら味にうるさいな、と思います。

しかし、これはインスタントラーメンではなく、生ラーメンを使った、本物のラーメンにごくごく近いものですから、できる限りお店の品と差のない一杯にしたいのです。

麺アップ2

麺は太打ちの平麺で、コシがしっかりした、男性的な麺でした。

福島は原発事故で大変ですが、せめて喜多方ラーメンを買って食べることで経済復興へのお手伝いになれば幸いです。

真にささやかですが、これからも被災各地の名産品を買わせていただきたいと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。