≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


正麺

『マルちゃん正麺(せいめん)』で『大判厚揚げラーメン』を作ってみました。

といっても、今日は化学調味料を食べたくなかったので、スープは塩味スープを自分で作りました。

例によって、ムロアジ&サバ節(10グラム)を、沸騰したミネラルウォーター(400cc)に投入して15分間煮ます。

削り節をきれいに取り去り、瀬戸内の天然塩(小さじ2)、化学調味料無添加オイスターソース(小さじ1)、ガーリックパウダー(小さじ1)、純米酒(大さじ1)を入れて味付け。

そこに、新潟県村上産の消泡剤不使用の厚揚げ(3分の1枚を横に薄くカット)、ニッポンハムのレモン&パセリ入りソーセージ(1本を3つにカット)を投入して煮込みます。

厚揚げに味が染み込んだら、茨城産小松菜(小1把をざく切り)、タマネギ、シメジ、レッドピーマン(各々少々)を加え、火が通ったら、豊橋産ウズラの卵(2個)を割り入れて火を止め、フタをします。

『マルちゃんの正麺』の麺を沸騰したミネラルウォーターで硬めに茹で、ザルに取って湯切りをします。

スープを張った器に麺を移して具材を盛り付け、千葉県産のネギを刻んで散らしたら出来上がりです。

どんぶり

厚揚げ2枚をそれぞれ裏と表を見せて載せると面白いです。

麺スープ

流石『正麺』の麺は、自家製塩味スープにもしっかり合いました。

厚揚げ

豆腐と違って厚揚げはどっしりとした存在感が立派で、麺と一緒に食べるとお腹の中でよくもちます。

厚揚げ裏

村上産のこの厚揚げは木綿豆腐を揚げたもので、大豆の味がきちんとしているばかりでなく、味染みも良く、かつ歯応えもあり、スープの具材に適しています。

ウズちゃん

スープの火を止めてフタをしている間に、ウズラの卵は蒸らされて半熟になっています。

完熟が良ければ、もっと早い段階でスープに投入し、煮てしまいましょう。

麺アップ

『正麺』の麺はノンフライの太めの麺で、しかも本当に生麺に近いです。

モチモチ感、ツルミ、コシと三拍子揃ったインスタント麺はそうあるものではありません。

東洋水産の技術に敬意を表します。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。