≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

タイラーメンの麺で『無国籍ラーメン』を作ってみました。

北海道産真昆布でダシを取ったところへ、化学調味料無添加・顆粒鶏ガラスープ、純米酒、XO醤、瀬戸内の天然塩、ガーリックパウダーを入れて「濃厚塩味スープ」を作ります。

そこにキャベツを投入して煮込みます。

一方で、シイタケ、チクワブ、豆腐ハンバーグ、高野豆腐を薄口醤油スープで煮付けます。

器に移したスープに固めに茹でたタイラーメンの麺を合わせ、シイタケ、チクワブ、豆腐ハンバーグ、高野豆腐を載せます。

仕上げに輪切りにした茹で卵をあしらったら出来上がりです。

濃い味の塩ラーメンに「和」の煮物が載った『無国籍ラーメン』です。

高野豆腐

醤油スープを吸った高野豆腐は塩味スープをも吸って、醤油と塩のブレンドスープの味をもたらしてくれます。

卵シイタケ

シイタケは個性が強いので高野豆腐ほど塩味スープに影響されませんが、表面は塩味、噛むと中身が醤油味という二層の味わいを楽しませてくれます。

豆腐ハンバーグ

豆腐ハンバーグは淡泊ですが、中に入っている複数の具材がいくつもの味を主張します。

キャベツアップ

トロトロに近くなったキャベツは、スープにエキスを提供しながら自身の美味しさも保っています。

シイタケアップ

干しシイタケの方がスープにとってはダシが出て良いのですが、今回のような調理法だと断然生シイタケが向いています。

高野豆腐アップ

高野豆腐は甘く煮るのが普通ですが、塩味スープにもカレースープにも合うスグレモノだと思います。

もっと様々な料理に使われても良いでしょう。

麺アップ

例によってタイラーメンの麺は独特の風味で美味しいです。

しかし、量が少なめなので物足りなく感じるときがあります。

そんなときは「替え玉」です。

今日は素麺でやってみました。

素麺

硬めに茹でた素麺にラー油を少々。

ますます「無国籍」になりました。

素麺はタイラーメンの麺ともども消化がよく、お腹にもたれないので快適です。

『無国籍ラーメン』は、スープと具材のいろいろな組み合わせが可能です。

「中華」プラス「和」、「中華」プラス「洋」、「和」プラス「洋」、「和」プラス「韓」、「タイ」プラス「和」、「タイ」プラス「洋」、「タイ」プラス「中華」など、「タイ」プラス「韓」など、考えれば無限大です。

またやってみましょう。







スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。