≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


道場六三郎

道場六三郎さん監修の化学調味料無添加『カレーうどん』(カレースープ)を使って『カレーラーメン』を作ってみました。

レシピはいたってカンタンです。

これを使用すると2人分できます。

ミネラルウォーター400ccを沸騰させたところへ、カレースープと別添の「だし」を入れます。

瀬戸内の天然塩、カレー粉、本醸造丸大豆醤油、化学調味料無添加・顆粒鶏ガラスープなどで味を調えたら、小松菜、レタス、千切りキャベツ、ウインナーソーセージなどを投入。

火が通れば出来上がりです。

あとは、固めに茹でた中華麺と合わせるだけです。

どんぶり

今日もイトメンの「無塩中華麺」を使いました。

麺スープ

さすが化学調味料を一切使っていないだけあって、このカレーは混ぜ物の味がしません。

また、ダシをしっかり取っているのでコクと深みが実に立派です。

従来のレトルトカレーと比べると、天地の差ではないでしょうか。

麺アップ

こういうカレーになら、手打ちうどんを入れても許されるでしょう。

これは久々に嬉しい一品に出会いました。

麺アップ2

次は是非うどんやそばでやってみましょう。

その昔、発売間もない『ボンカレー』を食べて「本物のカレー屋さんの味みたいだ!」と狂喜したものでしたが、時が移るとともに、消費者の舌も飛躍的に進化し、企業の技術も革命的に発展したのです。

レトルトカレーのさらなる進歩に期待します。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。