≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイラーメン

地元のスーパーで激安タイラーメンを見つけました。

5食パックで、なんと98円。

タイではこの手のラーメンは1食7バーツ(約18円)ですから、これは殆ど現地なみの値段です。

やっと円高が還元され始めたのでしょうか。

写真

パッケージの横に印刷されている調理例の写真は、野菜のみ。

近々のうちに、これを見倣って作ってみましょう。

因に、この製品はタイで製造されたものを香港の企業が輸入し、それを日本の会社が買ったものでした。

だから包装に漢字の表記があるのですね。

さて、今日はそばを食べたくなったので、『つけそば』を作ってみました。

スープのもとは、化学調味料無添加『比内地鶏液体ガラスープ』。

ミネラルウォーターを沸騰させてガラスープを投入し、瀬戸内の天然塩と本醸造丸大豆醤油だけで味を付けました。

スープの具材は葉山産天然ワカメと国産の海苔だけにしました。

セット

野菜と油揚げの炊き合わせ、ダイコンと水菜とシラスのサラダを薬味とし、ウズラの卵を添えました。

そば

そばは北九州の製麺会社の乾麺です。

硬めに茹でて冷水で締めると、立派に仕上がりました。

ウズラ

そばを食べながらスープにウズラの卵を落として、半熟になるのを待ちます。

秋田の比内地鶏から取ったスープはとても美味しく、あっさりしていながらコクがあり、そばにもよく合います。

また使いたいと思います。

ところで、そばを茹でた後のそば湯を利用して、スープを作ってみました。

そば湯には、そばその物以上に栄養が含まれているといいますので、捨てると非常にもったいないのです。

化学調味料無添加・顆粒鶏ガラスープを加えて煮立たせ、プーケットシュリンプ、レタス、絹ごし豆腐、そして、すりおろした長芋を入れました。

プーケットシュリンプ

この絹ごし豆腐は、ちょっと高級な品です。

一般の豆腐に比べて使っている大豆の量が2倍ほど。

その大豆も遺伝子組み換えでない純国産。

もちろん消泡剤などは入っていません。

消泡剤が入っている豆腐は、味も落ちます。

シュリンプ

いつものとおり、プーケットシュリンプからは絶妙の味が出ました。

ですから、投入した調味料は瀬戸内の天然塩、本醸造丸大豆醤油、XO醤だけです。

そば湯ベースの長芋入りスープは栄養満点、そのうえトロッとしているので温まります。

そばを茹でたときはそば湯を取っておき、スープにして活用しましょう。





スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。