≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

タイラーメンのインスタント麺を食べたくなったので、それを使って『長芋ラーメン』を作ってみました。

北海道産真昆布(マコンブ)でダシを取り、例によって、本醸造丸大豆醤油、瀬戸内の天然塩、純米酒、ゴマ油で味を付けたスープで、長芋、小松菜、ジャイアントコーン、コーン、高知産焼きエビ、ウズラの卵を煮込みました。

固めに茹でた麺をこれと合わせたら、出来上がりです。

長芋2

長芋は擦って入れても良かったのですが、今日はざく切りにしたものを煮ました。

ホクホクの食感が生まれて、実に美味しいのです。

コーン

ジャイアントコーンもよく煮込むと柔らかくなって、スープを吸い込みます。

麺スープ

タイラーメンのインスタント麺は、熱湯を注いだだけでも食べられるので、とても湯戻りが良いのです。

ですから、茹でるときはくれぐれも茹ですぎないように注意しなければいけません。

麺アップ1

この麺はツルツル感は少ないものの、独特の香りというか風味が恋しくなって「あ~、あれ食べたい。」と思わせてしまうところがあります。

こういう風味の麺は、日本のインスタントラーメンにはありません。

一時期、タイのインスタント麺にタピオカ粉が練り込まれていたことがありましたが、成分表を見るかぎり、この製品には入っていないようです。

しかし、今回やってみて、長芋がラーメンに合うことがわかりました。

手軽に手に入る食材ですし、これからも使っていきたいと思います。

長芋は、とろろ芋にするだけが食べ方ではないのです。





スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。