≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

タイラーメンは食べたいけれど添付されているスープは食べたくない。

和風のスープが良い。

さらに、そうめんも食べたい。

そう思ったので、自分でスープを作って、そこにタイラーメンの麺とそうめんを入れてみました。

スープは、化学調味料無添加・カツオダシと瀬戸内の天然塩、コショウと本醸造丸大豆醤油少々がベースです。

具材として『シャウエッセン(ソーセージ)』、群馬産下仁田ネギ、埼玉産小松菜、ウズラの卵を使いました。

ソーセージからも良い味が出て、少し『ポトフ』風になりました。

2麺

いつもながら、二つの麺が一つのスープの中に並んでいる光景は、気分を豊かにしてくれます。

タイラーメンの麺は軽いうえに量が60グラムほどですので、物足りなく感じることが多いのです。

そこでそうめんを、ということになるのですが、このそうめんは手延べではないけれども、茹で方次第ではちゃんとコシが出ます。

また、そうめんはカロリーが低いので助かります。

ウズラの卵

ウズラの卵も鶏卵に比べるとずっとローカロリーです。

実を言うと、もともと鶏卵はそんなに好きではありません。

独特の香りがほんのちょっと苦手なのです。

しかし、ウズラの方は好きです。

学生時代、なけなしのカネをはたいて、神田神保町の少し高級な蕎麦屋さんに入ると、もりそばにウズラの卵が付いてきて、それはそれは嬉しがりながら食べたものでした。

そのとき、ウズラの卵を落としたそばつゆで食したそばの味が忘れがたいのです。

子どもの頃やごく若い時分に食べたものの記憶というのは、後年ずっと五感に残っていくものなのです。

そうめんアップ

今の学生さんと比べることは難しいでしょうが、我々の世代はとてもつましい学生時代を過ごしました。

一年中1本のジーンズで通し、小学校に入学したときに買った机で勉強しました。

ですから、ウズラの卵付きのもりそばは大したご馳走だったのです。

タイ中華麺アップ

あの学生時代を想うとき、今日、二つの麺を野菜とウズラの卵を入れたスープでいただける幸せをしみじみ感じます。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。