≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お茶漬けラーメン

いつ頃だったでしょうか。

『日清お茶漬けラーメン』というものがありました。

パッケージにあるように、野沢菜、のり、あられ入りで、確か塩味スープでした。

麺は細麺だったような気がします。

味はといえば、永谷園の『お茶漬け海苔』をほんの少しだけ中華風にアレンジしたような、ジャンキーな感じだったという記憶があります。

逆に、いわゆる「塩ラーメン」を少し和風にしたもの、と言えば良いかもしれません。

発想はとても面白いと思ったのですが、多くの消費者の支持を受け続けるところまではいきませんでした。

お茶漬けラーメンカップ

かやくとして、かに風味かまぼこ、たまご、わさびが加わり、さらに進化した『日清の京風お茶漬けラーメン』というカップ版も登場しましたが、善戦及ばず、やがて撤退しました。

どうやら日本人は、あまり「和」の味に近いインスタントラーメンを敬遠するようです。

東洋水産『うすくちラーメンしょうゆ味』、明星食品『めん吉』、ハウス食品『本中華』、日清食品『生中華』など、中華というよりも和食のような味わいを持った製品は、寿命の長短はあれ、いずれも姿を消しています。

身近で手軽な「和食」の典型である「お茶漬け」をラーメンに取り込むのは、無理だったのかもしれません。

しかし、これからも斬新なアイデアを盛ったインスタントラーメンに出て来てほしいものです。

期待しています。

セット

ところで、半生『水沢うどん』で『つけうどん』を作ってみました。

埼玉産小松菜、群馬産下仁田ネギ、高知産焼きエビを「和」の塩味つゆで煮ました。

今日は手抜きをして「化学調味料無添加・カツオダシ」を使い、醤油は入れませんでした。

うどんの味を確かめたかったからです。

ただし、ゴマ油は少々落としました。

野菜

野菜スープは熱いまま器へ。

硬めに茹で上げたうどんを冷水で締め、別の器に盛りました。

うどん

食べてみると、『水沢うどん』は、きちんとしたコシとしっかりした喉越しで、とても結構でした。

小麦の味も確かに伝わってきます。

うどんつゆ

ツルツル感と粘りは『讃岐うどん』の方が強いと思います。

ですから、『水沢』の方が『讃岐』よりいっそう男性的だと言えるのではないでしょうか。

『水沢』は「山のうどん」という印象です。

うどんアップ

とてもがっちりしたうどんなので、煮込んでも強いでしょう。

ちょっとぜいたくですが、これからの季節、鍋料理に使うと本当に豊かな気持ちになれると思います。







スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。