≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菊水

サッポロラーメンとして有名な『菊水』の中華麺が手に入ったので、『タイ風ピリ辛ラーメン』を作ってみました。

北海道産まこんぶ、国産ムロアジ&サバ節、プーケットシュリンプでダシを取り、タイ産チリペースト、タイ産コリアンダーパウダー、タイ産コリアンダーのタネ、タイ産ナンプラー、XO醤、オイスターソース、瀬戸内の天然塩、純米酒、ガーリックパウダー、隠し味のバターでスープを作りました。

トッピングするモヤシ、ナス、小松菜、プーケットシュリンプはスープで煮て引き上げ、盛り付けの際、麺の上に載せます。

これらを引き上げた後、改めてスープを調味します。

麺を2分とちょっと茹で、スープを張った器に移します。

煮上げた野菜などに加えて、本物のコリアンダー(パクチー)も刻んで麺に載せました。

モヤシ

自分で言うのもなんですが、今回は本格的な一品ができました。

スープに素材の味が溶け込んで、目指したとおりの味にすることができました。

麺は縮れた中太麺で、コシと風味は流石です。

エビ

例によって、プーケットシュリンプが絶妙の味わいを醸し出してくれています。

スープで具材を最後まで煮込んでしまうのもひとつの手ですが、今回のように適当な時間でそれらを引き上げてから、さらに味を調えると、スープが独立したしっかりしたものになります。

丼

今日は特に入念に作ったので、スープが出来上がるまで1時間かかってしまいました。

せわしないときにはできない芸当です。

しかし、美味しいものには手間がかかるのです。

醤油を一滴も使っていないのに、チリペーストやオイスターソースなどの投入でスープは良い褐色になりました。

また、化学調味料などが全く入っていない料理の味は、格別です。

成分表から、『菊水』のこの麺にはそういったものが極力使われていないことが見て取れたので、安心していただけました。

麺アップ

たった一度だけ行った札幌で食べたラーメンを想い出します。

『菊水』の麺は、パッケージにあるとおり「本場」の文字がふさわしい製品だと思います。


スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。