≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パッケージ

中国産の緑豆春雨が手に入ったので、これを使って『タイ風緑豆春雨スープ』を作ってみました。

<材料(1人分)>

ミネラルウォーター 400cc

A 化学調味料無添加・粉末カツオダシ 1袋

  瀬戸の天然塩 小さじ2

  XO醤 小さじ1

  純米酒 大さじ1

  オイスターソース 小さじ1

  ナンプラー 小さじ1

  スライスしたニンニク 大さじ1

  タイ・チリペースト 小さじ2

  ラー油 小さじ2

  プーケットシュリンプ 7~8尾

キュウリ 2分の1本

プチトマト 5個

小松菜 30グラム

葉山産天然ワカメ

肉団子(大) 1個 

緑豆春雨 50グラム

<作り方>

1 沸騰したミネラルウォーターにA(カツオダシからプーケットシュリンプまで)を全部
  入れ、煮る。

2 5分たったら味を見て調節する。

3 キュウリは輪切りにし、プチトマトは半分に切り、小松菜、ワカメ、肉団子は適当な
  長さに切り、鍋に投入する。

4 並行して、たっぷりのミネラルウォーターで春雨を2分半茹でる。

5 茹で上がった春雨をザルに取り、器でスープと合せれば出来上がり。

丼

春雨のパッケージに英語で「vermicelli(ヴァーミセリ)」と書いてありますが、ヴァーミセリとはイタリアの極細パスタのことです。

欧米で春雨やビーフンを呼ぶとき、同じようにすごく細い麺なので、この言葉が訳語として当てられることが多いそうです。

春雨と具材

春雨を食べるのは大変に久しぶりでしたが、小麦の麺やそばと違ってお腹の中が満杯になるという感覚が殆どありません。

なるほど、これはダイエット食に良いはずだ、と実感しました。

タイ風のスープに緑豆春雨はよく合って、ヘルシーなものを美味しくいただきました。

ご存じのように、タイ料理には春雨が少なからず登場します。

春雨をタイ語では「ウンセン」と言います。

代表的な料理を挙げてみましょう。

『ヤム・ウンセン』=春雨サラダ。「ヤム」は「混ぜ合わせる」。

『パット・ウンセン』=春雨炒め。「パット」は「炒める」。

『ラープ・ウンセン』=春雨のスパイス&ハーブ和え。「ラープ」はタイ東北地方の方言で「和えもの」。

『クン・オップ・ウンセン』=エビと春雨の土鍋蒸し。「クン」は「エビ」、「オップ」は「蒸す」。

『プー・オップ・ウンセン』=カニと春雨の蒸し焼き。「プー」は「カニ」。

タイの人々も春雨が好きなのです。

アップ

これからの季節、鍋料理などを食べ過ぎたら、時には胃に優しい春雨料理は如何でしょう。

春雨は値段も安いので、財布にも優しいですよ。
















スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。