≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パッケージ大

新製品『マルちゃん正麺(せいめん)醤油味』を食してみました。

ネットで新発売を知っていましたが、地元のスーパーにあったので5食パックを買って来ました。

パッケージ小

麺を際立たせているパッケージの写真からも、この製品の目玉が新製法による麺であることが一目でわかります。

油で揚げていない麺は、やや太めです。

見た目は、北海道・菊水の「寒干しラーメン」に似ています。

乾麺

東洋水産が開発した、特許出願中の「生麺うまいまま製法」という画期的な方法によって作られたそうです。

乾燥麺なのに徹底的に生麺に近い食感を実現したといいます。

さっそく作ってみました。

スープは調味油入りの液体でした。

化学調味料無添加のカツオダシを使って、レタス、レッドパプリカ、葉山産天然ワカメ、北海道・南かやべ産まこんぶ、それに『わしたポーク』を煮たスープで、それを割りました。

そこに硬めに茹で上げた麺を加えました。

丼

果たして、麺は見事な出来でした。

本当に生麺にとても近いものでした。

特に弾力とツルミが大変に良く、技術の飛躍的な進歩に驚きました。

具材

スープは、昔懐かしい感じがする、どちらかというと動物系がやや強いしょうゆ味でした。

ダシを取った自前のスープで割ったので味に深みが加わっていたのでしょうが、それを差し引いても、普通のインスタントラーメンよりも本格的な風味を感じました。

醤油

ところで、東洋水産は、『マルちゃん正麺』においてスープの種類ごとに麺を変えています。

「醤油味」は「中太麺18番角刃」で、茹で時間は3分。

味噌

「味噌味」は「太麺14番角刃」で、茹で時間は4分。

とんこつ

「とんこつ」は「細麺24番角刃」で、茹で時間は2分です。

例えば『サッポロ一番』や『チャルメラ』もスープの種類によって違う麺を合わせていますが、それらは総て油で揚げた麺です。

それに対して、『マルちゃん正麺』は新製法による乾燥麺です。

「味噌味」と「豚骨味」も試してみたいです。

麺アップ

しかし、この味でこの値段(5食パックの希望小売価格が500円ですが、地元のスーパーでは、確か385円でした。)というのは、ずいぶん安いと思います。

『明星中華三昧』が高級ラーメンブームを起こしてから久しいですが、こちらは1食の希望小売価格が140円ですから、やはり少々高いですね。

お手頃価格で生麺のような味わいを楽しめる『マルちゃん正麺』は、ひょっとすると大ヒット商品となるかもしれません。











スポンサーサイト


【】
是非買って食べてみたくなりました。

【そうしてください】
☆てんそばさんへ☆
コメントありがとうございます。
召し上がったら、またご感想などをお寄せください。
安くて美味しいものは嬉しいですよね。
この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。