≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


丼

『豊橋カレーうどん』のサイトを見ていたら、無性にカレーうどんを食べたくなったので、プーケットの食材&スパイスで作ってみました。

プーケットの干しエビ、利尻産のコンブ、ムロアジ&サバ節でダシを取り、コーン、ヒジキ、ニンジン、タマネギ、牛挽き肉を入れて煮込みます。

天然塩、本醸造丸大豆醤油で濃いめの味を付け、純米酒を適量加えます。

次に、つぶしたコリアンダー(パクチー)のタネ、レッドチリ(カイエン)ペッパー、バターを入れます。

前回はコリアンダーのタネをつぶさずに使ったのですが、思ったとおり、つぶすと大変に良い刺激的な味が出て秀逸です。

そして、カレー粉を投入して混ぜます。

やがて、全体がカレーに馴染んだら、水溶き片栗粉を回し入れてかき回します。

一煮立ちしたところにウズラの卵2個を割って入れ、火を止めます。

半生讃岐うどんを硬めに茹で、ザルに取って器に盛ります。

カレーをうどんにかけ、沖縄産ミートローフを数枚載せたら出来上がりです。

具材

プーケットのエビは、実に結構なダシをもたらしてくれるばかりか、本体もすごく美味しく、素晴らしいです。

エビ

今回はニンニク、ニンジン、ショウガのドライ千切りは入れませんでしたので、「和」と「タイ」の折衷的な味になりました。

うどんアップ

カレーうどんは、ずいぶんと久しぶりでしたので、とても美味しくいただきました。

それにしても、めんつゆのようなものを一切使わずにこういう味が実現できるのは、くどいようですが「プーケットのエビ」のおかげです。

それに、やはり讃岐うどんは立派です。

カレーうどんになっても「うどん」の味とコシとツルミをきっちりと主張しています。

大変な存在感です。

プーケットのエビ、コリアンダー、讃岐のうどん。

美味しいものに感謝します。






スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。