≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


丼

プーケットで、友人がすごく良いものをくださいました。

干しエビ、コリアンダー(タイ語でパクチー)のタネ、コリアンダーのタネの粉末、ニンニク&ニンジン&ショウガのみじん切りを干したもの、です。

これらを使ってラーメンを作ってみました。

『プーケットラーメン』です。

エビ

エビは肉厚で香りが良く、大変に美味しいダシが出ます。

普通の干しエビは、旨味が出切ってしまうと、抜け殻のように味のないものになってしまいますが、このエビは違います。

ダシが出た後、エビを入れたままスープに味付けをしていくと、今度はエビがきちんとスープの味を吸い込んでいくのです。

濃いスープならまだしも、薄い塩味のスープでもエビはその味になってくれます。

これはスグレモノです。

タネ

コリアンダー(パクチー)のタネは、ゴマより一回り大きいくらいの粒です。

擦りおろすとミントに似た香りをいっそう楽しめますが、今回はおろさずに粒のまま入れてみました。

粉

こちらに書いてある「コエンドロ」とは「コリアンダー」の古い和名です。

英語で「Coriander Seeds Pure Ground」とも書いてありますから、これは「コリアンダーのタネの粉末」です。

タネの粒とは風味が違うので、少量加えてみました。

ガーリックなど

ニンニク、ニンジン、ショウガのドライみじん切りは、スープに大陸的な香りを付けるのに欠かせません。

チャーハンや焼きそばに入れると、グンと本格派に近付くでしょう。

これらに利尻産のダシコンブを加え、天然塩、バター、純米酒、ガーリックパウダー、そしてXO醤(エックスオージャン)で味を作っていきます。

具材としては、キャベツ、豆腐、小松菜、長ネギ、シメジを入れてみました。

鍋ラーメン

麺には、『マルちゃんの鍋の〆に食べるラーメン』を使いました。

これを食べるのは初めてでしたが、鍋で煮込んでも大丈夫ということはコシが強いだろうと思ったのと、ノンフライということで生麺に近い食感を期待したので、選びました。

エビ麺

結果は大成功でした。

この麺は、エビを中心にして作られた塩味スープにとてもよく合いました。

予想どおり大変に伸びにくく、適度な縮れがスープをよく捉えます。

ツルツル感も心地よく、麺をいただく楽しさを味わえます。

先日、旅のお土産として、このスープに別の麺を入れて友人にごちそうしたところ、大絶賛でした。

プーケットエビの美味しさの勝利ですね。

他の魚貝からはこういう味は出ないと思います。

また、スープのみならず、炒め物、揚げ物、煮物、ピラフと何にでも使えるでしょう。

特に、このエビを加えてご飯を炊き込んだら、えも言われぬ味わいが生まれるでしょう。

麺アップ

次は、コリアンダーのタネを擦りつぶして使ってみようかと思います。

強い香りが楽しめそうです。

マルちゃんのこの麺も度々使うことになりそうです。

このように、現地の食材やスパイスなどで作る料理は、嬉しいお土産になります。

これもひとつの旅の形です。


スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。