≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神社1

この国から帰って来ました。

お祭りをやっていました。

インスタントラーメンの会社がお祭りに協賛しているので、ロゴと製品の写真がいたる所に掲げられていました。

ここはお祭りの主な会場になっている神社です。

まるで七福神のようないくつもの神様の石像が立っています。

神社3

曇っていましたが、流石に暑かったです。

しかも、今は雨期なので、なんの前触れもなく、突如として豪雨がやって来ます。

豪雨が来ると涼しくなるのですが、それが去ると再び猛暑になります。

神社2

こちらが本殿です。

白い服を着た人たちは信者で、9月27日から10月5日まで動物と匂いの強い野菜を食べない「キンジェー」を行っています。

この間はお酒も飲みません。

神社4

黄色い旗、白い服が目印のこのお祭りは「ヴェジタリアン・フェスティヴァル」と呼ばれています。

中国系タイ人によって運営されています。

地元の友人に聞いたところ、なんでもその昔、タイだか中国だかの街で疫病が流行ったとき野菜だけを食べた人たちが助かった、という言い伝えから、年に一度、菜食を貫いて体の中から毒を抜き、かつて疫病に打ち勝った人々にあやかろう、というのがお祭りの趣旨だということです。

神社正面

本殿には靴を脱いで上がります。

両脇には狛犬(こまいぬ)が控えています。

30センチほどの線香を束にして火をつけ、灰が入っている、正面の大きな瓶(かめ)のようなものの中に入れて拝むようですが、作法がわからなかったので礼拝はしませんでした。

中央奥にご祭神が安置されています。

ふだんはタンクトップにハーフパンツで歩いているのですが、神社や寺の中に入るときは、必要以上に肌が露出した服装は禁止です。

ところによっては腕や脚を覆う布を貸してくれる寺社もあるそうです。

というわけで、この日は半袖Tシャツ、長いジーンズ、ソックスを履いて深めのスニーカー、という格好で行きました。

神社の向こうには、菜食料理のお店がテントを張って軒を連らねていました。

一見「鶏の唐揚げ」が実は「大豆タンパクの唐揚げ」だったりするのです。

安いようなので、いくつか食べてみようかとも思いましたが、友人が「お金を出して食べたら絶対に後悔すると思う。」と言うのでやめました。

自分はもともとヴェジタリアンみたいなものだから、ま、いっか、と思いながら戻って来ました。

プーケットの有名なお祭りに触れることができて、嬉しかったです。





スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。