≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


響

宮崎県のアンテナショップに行く機会があったので、『宮崎ラーメン・響(ひびき)』を買って来ました。

ここのところカップ麺との付き合いが続き、本物に近いものを食べたくなっていたので、ちょうど良かったです。

どんぶり

パッケージに書かれているとおり、270ccの熱湯で液体スープを溶き、生麺を3分間茹でました。

別の鍋で、小松菜、ツルムラサキ、ゴーヤを塩味スープで煮て、麺の上に載せました。

ゴーヤ他

また、ウズラの卵2個を落としました。

ウズラ

向こうでは音に聞こえた名店の一品だそうです。

スープを一口飲んでみて、コクの深さに驚きました。

また、とんこつの臭みが全くありません。

それなのに、ツルムラサキとゴーヤのクセのある味と香りを凌駕(りょうが)する勢いを持っています。

残念ながらスープには化学調味料が使われていましたが、それも愛嬌(あいきょう)と言ってしまえるほどの味わいでした。

麺アップ

生麺は細くてストレートの平麺ですが、とても良いコシがあり、小麦の味を感じることができました。

ツルツル感はあまりなく、むしろドッシリした麺なのに、スープの絡みは良好でした。

これは、スープが油分を少なからず含んでいて濃厚だからでしょう。

そこのところを計算して作られているのだ、と思います。

こうなると、次はやはり専門店に行って本当の本物を食したくなります。

機会を作りましょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。