≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


博多カップ

珍しい『マルタイ博多長浜ラーメン』が手に入りましたので、そのまま食べてみました。

出来上がり

パッケージに書いてあるとおり、熱湯を注いで2分半待ちました。

添え付けの「有明産焼き海苔」と丸いチャーシューを載せました。

乾燥ネギが少し入っているだけで、野菜が足りないので、生のキャベツとダイコンの煮付けを別添えしていただきました。

キャベツ

とんこつ味のスープに、シャキシャキキャベツはよく合いました。

このとんこつスープは、昨日の『マルタイ高菜ラーメン・とんこつ味』よりもコクがあり、本物に近い感じがしました。

海苔チャーシュー

海苔も風味が良く、チャーシューもこのタイプとしては合格でした。

麺アップ

麺は細めでいくぶん柔らかめですが、一方で男性的な感じの歯応えがありました。

全体としては、カップ麺ながら九州の味を出そうと懸命に努力している、という印象を持ちました。

しかし、本格的な九州ラーメンを食べたくなったのも事実です。

『明星・究麺(きわめん)』シリーズのように、カップ麺でいて限りなく生麺に近い食感を出すことに成功した例もありますが、やはり本物には叶わないのです。

ちょうど、アマチュア・オーケストラの演奏を聴いた後で、カール・ベームが指揮するウィーン・フィルハーモニーの名演を聴きたくなるのに似ています。

次は、本物にできるだけ近いものを食してみたいと思います。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。