≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セット1

紫イモをスープに入れて『紫イモつけうどん』を作ってみました。

うどんは半生讃岐うどん、スープの器はチキンラーメン用の「ひよこちゃんどんぶり」にしてみました。

セット2

スープベースは、讃岐うどん用の『鎌田醤油つゆ』。

鎌田醤油は香川県の老舗です。

沸騰させた350ccのミネラルウォーターにつゆを入れ、皮をむいて薄い輪切りにした紫イモ、小松菜、生のキクラゲ、パセリ入りウインナーソーセージ、麩、そして、隠し味に博多中洲の名店「ふくや」の辛子明太子を少々投入して、イモが柔らかくなるまで煮込みます。

ガーリックパウダー、コショウ、おろしショウガ、天然塩、XO醤(えっくすおーじゃん)で味を調えます。

XO醤は干しエビと貝柱の風味が利いていて、麺や麩にとてもよく合います。

紫イモを使うと、その名のとおりスープが紫色になって目でも楽しめます。

スープ

サツマイモほど甘くなく煮崩れしにくいので、紫イモはスープに重宝です。

うどんもり

いつものように、堂々たる讃岐うどんは、どんなスープと引き合わせても盤石(ばんじゃく)です。

うどんスープ

コシ、ツルミ、小麦の味と、見事に三拍子そろった讃岐うどんは、敬服に値する食文化です。

うどんアップ

最近、そばを食べる機会がめっきり減って、その代わりにうどん、冷や麦、そうめんを食すことが増えました。

自分の本性は西の人間なのだ、と、ここのところ思います。

そういえば、今度6年ぶりに行くプーケットも、日本から見るとずいぶんと西の方に位置しています。

向こうでも麺を食べたいと思っています。

タイのヌードルスープの中では、タイビーフンではなく、黄色くて細い麺のスープが好きです。

小さめのどんぶりに盛り、ちょっとした香草や挽き肉の類を載せていただきます。

スープは塩ラーメンとしょうゆラーメンの間くらいの味で、薄口ですが美味しいです。

麺は中華麺で、これを使ったヌードルスープは「バミー・ナーム」といいます。

「バミー」が中華麺のことで、中華麺を炒めた焼きそばは「バミー・ヘーン」と呼ばれます。

楽しみです。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。