≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12オープニング

「無罪に入れるなら、納得した上で入れなさい! うんざりしたからと言って変えるべきではない。あなたは、正しいと信じたとおりやる勇気がないのですか?」(額田やえ子訳)

レジナルド・ローズ作、戯曲『十二人の怒れる男』から引用したセリフです。

これは、シドニー・ルメット監督、ヘンリー・フォンダ主演によって知られる同名の名作映画の戯曲版です。

12手

父親殺しの罪に問われた少年について審理する十二人の陪審員たちが、猛暑の室内で繰り広げる白熱の大討論。

12机

その中の一人がいい加減な態度無罪に一票を入れたのを見て、移民出身の男が彼を厳しく叱るセリフがこれです。

12表紙

正しいと信じることをやり通すには勇気が要ります。

12ヘンリー・フォンダ

しかし、現代社会では、何が正で何が不正なのかということが、そもそも曖昧になりつつあるような気がします。

12ナイフ

だから、何かを正しいと信じることができない現代人が増えている、と思います。

この戯曲はたびたび上演されていますし、映画はDVDになっています。

まだご覧になっていない向きには、強くお勧めします。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。