≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セット

むらさきキャベツを使ってゴマ味スープを作り、つけめんにしてみました。

名付けて『バイオレットつけめん』。

むらさきキャベツはなかなか硬いので、ざく切りにして、ブタ挽き肉と炒めます。

味付けは、天然塩、コショウ、ガーリックパウダーで結構です。

炒め終わったら、フライパンにフタをして10分置きます。

これは、むらさきキャベツをしんなりさせるためです。

別の鍋でミネラルウォーター400ccを沸騰させ、そこに炒めたむらさきキャベツと挽き肉、炒めているときに出た水分を投入します。

そのとたん、スープはきれいな紫色(バイオレット)になります。

そこに化学調味料無添加のスープペースト、天然塩、純米酒、ゴマ油、食べるゴマラー油を入れて味を調えます。

モヤシ、小松菜、刻みネギを加え、1分たったら火を止めます。

硬めに茹でた中華麺をザルに取って冷水で締め、器に入れた氷の上に盛ります。

スープと麺をセットで供します。

スープ

七味唐辛子を振ったら、これが合いました。

ブレてしまったので写真ではよくわかりませんが、むらさきキャベツの色がよく出て、紫色の独特なスープになりました。

むらさきキャベツといえば、千切りにしてサラダに入れるという食べ方しか知りませんでしたが、思い切って普通のキャベツと同じ使い方をしてみました。

生で食べると独自の香りがありますが、炒めた上で煮ると、むらさきキャベツの風味が完全にスープに溶け込んで、しかも非常に柔らかくなり、とても美味しくなりました。

麺もり

いつも食している中華麺の乾麺が切れたので、今日は『出前一丁』の麺を使いました。

もちろん粉末スープとゴマラー油は取っておいて、別の機会に使用します。

いつもお話しすることですが、油で揚げた麺を茹でるとき、上げ際に杯一杯の日本酒を加えると油臭さが消えて、生麺に近い味わいになります。

今日もそうしました。

ところで、小学校6年の頃だったでしょうか、体が大きかった同級生が「『サッポロ一番』と『チャルメラ』を合わせると美味い。」などとと言っていたのを思い出します。

その同級生は、違う種類のラーメン二つをブレンドして、一度に二食分食べていたわけです。

食べ盛り育ち盛りの年代ですから、インスタントラーメン二人前をペロリといくというのは、別に驚くに値しません。

しかし、それなら同じラーメン二食を食べれば良さそうなものなのに、わざわざ異なるラーメンを混ぜて食べるとは、変わったことをするやつだ、麺も違うしスープも別々の味なのに、と、そのときは思いました。

でも、今は違います。

ラーメン屋さんに聞くと、スープの種類には「しょうゆ」「しお」「みそ」「とんこつ」「パイタン」「カレー」などがありますが、「しょうゆ」と「しお」を半々ずつブレンドした「しょうゆしお」というものもあるのだそうです。

そういえば、「とんこつ」にも「しょうゆとんこつ」「しおとんこつ」がありますが、あれは言ってみれば「とんこつ」と「しょうゆ」「しお」のブレンドのようなものでしょうから、同じです。

ですから、例えば『サッポロ一番しょうゆ味』と『サッポロ一番塩らーめん』を合わせると、「しょうゆ」と「しお」をブレンドしたことになるのではないでしょうか。

同じメーカーでも製品が違うと麺も違う場合が多いですから、スープだけを混ぜて、麺はどちらかのもので統一すると良いかもしれません。

思えば、かつての同級生は、別種類の味を混ぜ合わせる美味しさに気付いていたわけで、今さらながら感心します。

麺アップ

『出前一丁』の麺は、今回の「バイオレットスープ」にもよく馴染みました。

次は、「ブレンド・インスタントラーメン」をやってみましょうか。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。