≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セット

『島原手延べそうめん』で、『ピリ辛氷もりそうめん』を作りました。

例によって、作り方はカンタンです。

ミネラルウォーター400ccを沸騰させます。

そこに、大さじ1の化学調味料無添加の中華スープペーストを入れます。

刻んだレタス、キュウリ、小松菜、オクラ、ウインナーソーセージと、ホタテ貝柱、ウズラの卵を加えて煮ます。

純米酒、天然塩、コショウ、ガーリックパウダーで味を調えます。

そして、大さじ1の「食べるラー油」を加えます。

仕上げに海苔を散らします。

別の鍋で素麺を硬めに茹で、ザルに取って冷水で締め、器に入れた氷の上に盛ります。

スープを別の器に移し、麺と共に供します。

そうめん

いつものことながら、『島原手延べそうめん』の味わいは流石です。

コシ、ツルミは、やはり手延べならではのものがあります。

同じ手延べそうめんでも、『揖保之糸』と比べると舌触りが滑らかな気がします。

そこへいきますと、『半田そうめん』や『大門そうめん』は硬めです。

しかし、手延べの良いところは、なんといっても小麦の風味がしっかりと伝わってくる点です。

麺を食べたということを実感できるのです。

赤い麺

また、今日のような濃厚なスープにつけても、手延べは負けません。

そうめんとしての個性をきちんと最後まで保っているのです。

子どもの頃は、そうめんの独特の香りがあまり好きではありませんでしたが、今では一年中食べています。

麺アップ

もうすぐ夏が終わります。

世間では、そうめんや冷や麦が麺の主役の座から退くようですが、うちではそんなことはありません。

涼しくなれば温かくしていただきます。

またいろいろとレシピを考えて作ろうと思っています。




スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。