≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セット

カンタンなレシピで、『あっさり・みそつけめん・冷やもり』を作ってみました。

ミネラルウォーター400ccを沸騰させ、化学調味料無添加の中華スープペーストを大さじ1入れてよくかき混ぜます。

そこに、無添加国産大豆&米使用の味噌大さじ1を加えて溶きます。

弱く沸騰させながら、純米酒小さじ2を入れます。

味が薄かったら、スープペーストと味噌を加えて調節します。

そこに、切った小松菜とチンゲンサイを投入し、火が通ったら、絹ごし豆腐を加えます。

豆腐が温まったら、火を止めます。

別の鍋で中華麺(太麺・乾麺)150グラムを硬めに茹で、ザルに取って冷水で締めます。

スープと麺を各々の器に盛り、麺にウズラの卵を添えたら出来上がりです。

麺

この麺は、例によって、播州赤穂のマルツネという製麺会社の製品です。

以前にもお話ししたように、居酒屋の御主人が、お店で出す「締め」のラーメン用に買って行くのだそうです。

プロに認められるだけあって、風味、コシ、ツルミともに嬉しい麺です。

スープ

今日のみそスープは、あっさり感を追求したかったので、ニンニク、タマネギ、ショウガのすりおろし、すりゴマ、ゴマ油などを敢えて入れませんでした。

また、具材も肉系や魚系を一切避けました。

ですから、コッテリとしたみそスープがお好みの方は、今回避けたものを全部入れてしまえば良い、ということになります。

さらに、隠し味としてバターを加えると、よりいっそうコクが増します。

高校時代に友だちと入った店で『みそラーメン』を頼んだら、まるで味噌汁のような、全く中華風の味がしないスープの一杯が出て来てガッカリしたことがあります。

今では、そういうのもありかな、ぐらいに思えますが、しかし、「ラーメン」と名がついているからには、多少なりとも中華的な味わいがしなければいけないでしょう。

その点、化学調味料無添加の中華スープペーストは、程良い感じで重宝です。

そのままだと実にあっさりしていますが、当然、中華の味わいは確かにあります。

そして、そこにニンニクやら何やらを入れると、ちゃんと「コッテリ系」に変身してくれるのです。

麺アップ

夏のつけめんは『冷やもり』です。

今度は「しお味」でやってみましょう。

これにはラー油を利かせると美味しいでしょう。

具材には魚貝が合いそうです。

今日の「みそ味」とともにお試しください。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。