≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7-11

セブンイレブンで買った『みそラーメン』で『冷やしみそラーメン』を作ってみました。

作り方は、例によってカンタンです。

麺を硬めに茹でる。

粉末および液体スープを100ccの熱湯で溶く。

そこに、冷蔵庫の氷2個を入れてよくかき混ぜる。

麺をザルに取って冷水で締め、器に盛る。

麺にスープをかける。

具材を載せる。

という具合です。

皿

今日の具材は、キュウリ、レタス、鶏のネギ塩焼き、紅ショウガです。

見た目は冷やし中華のようですが、味はしっかり「みそ」です。

みそラーメンには動物系が合うので、今回は鶏を載せてみました。

正解でした。

紅ショウガも単なる彩りに留まらず、みそスープとの相性の良さを教えてくれました。

この紅ショウガというものは、普通、ソース焼きそばやたこ焼き、お好み焼き、焼きうどんなどに添えられますので、ソース味に合うのでしょう。

また、牛丼のお店では、お客さんが自由にトッピングできるようになっているところもありますので、濃厚なしょうゆ味にも馴染むのでしょう。

博多ラーメンや沖縄そばの付け合わせにも使われますから、とんこつ味やブタ、カツオ、コンブ混合ダシのスープにも合う、ということです。

要するに、紅ショウガの、あの梅酢の酸っぱさが、料理の味の濃さや油のくどさを緩和してくれるのです。

だったら、どちらかというとコッテリ系のみそラーメンに載せても、同じ役割を果たすだろうと思ってやってみたのですが、当たりでした。

具

ところで、『みそラーメン』発祥の地は札幌です。

もともとは屋台だった「味の三平」というお店の御主人が考案者だそうです。

このお店は醤油味のラーメンを出していたのですが、お客さんが「ラーメンを豚汁に入れて。」と言ったことをヒントに、みそ味スープのラーメンを考えついた、とのことです。

大したアイデアだと思います。

麺アップ

「味の三平」は、現在も札幌で人気の高いお店として営業しています。

一度行って、みそラーメンの元祖を食べてみたいものです。


スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。