≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボニージャックス

大町正人さん(写真上/右から2人め)が亡くなりました。

ボニージャックス(写真上)のセカンドテナーとして、1958年のグループ結成以来、2003年に病気のために脱退するまで、45年間にわたって歌い続けてこられました。

小学校高学年の頃だったと思います。

NHK総合テレビが永年にわたって放送して人気のあった音楽番組『歌はともだち』に、ボニージャックスがレギュラー出演していたとき、東京・内幸町にあった旧NHKホールで行われたその公開録画に、父と行ったことを想い出します。

当時のNHKホールは、現在のそれのように大きくなく、客席は階段形式でした。

歌はともだち

♪1人のときはソロで、2人のときはデュエットで、3人寄ったらトリオだよ。

歌ってごらん、遠慮は無用。

お腹の底からヤアヤアヤア。

声をそろえてヤアヤアヤア。

まあるい地球の隅から隅へ、元気な歌声届けよう。

ヤア。

歌はみんなの友だちだ、歌はみんなの友だちだ。

ヤア♪

これが、番組冒頭で歌われるテーマソングで、この一番最後の「ヤア」のところで、客席のお客さんも全員立ち上がり手を挙げて叫ぶのです。

ボニーさんは何曲も素晴らしい歌声を聴かせてくれましたが、途中、大町さんがノドの調子を狂わせ、舞台の下から水をもらって一口飲むというハプニングがあったことを覚えています。

そのとき、メンバーの玉田元康さん(写真上の上、一番右)が、客席に向かって「放送のときは、ちゃんとつながるんですよ。」とおっしゃったので、一同大爆笑しました。

その後、収録は無事に終わりましたが、ボニーさんはアンコールとして、確かアカペラで1曲歌ってくださったと記憶しています。

その曲の名前は忘れてしまいましたが、とても楽しかった良い想い出になっています。

今の自分の音楽的部分の多くを、『歌はともだち』という番組は作ってくれました。

感謝しています。

大町さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

小林修

小林修さん(写真上)が亡くなりました。

昭和30年代のテレビ草創期から声優として活躍されました。

ユル・ブリンナーの声が持ち役でしたが、他にもいろいろな俳優の声を担当され、常にまっすぐで骨太な美声で、セリフを味わい深く聴かせてくださいました。

テレビ朝日で放送された『12人の怒れる男』(シドニー・ルメット監督)ではマーティン・バルサムの声を、『刑事コロンボ・さらば提督』(パトリック・マクグーハン監督)ではジョン・デナーの声を担当していらっしゃいました。

やはりテレビ朝日版の『アマデウス』(ミロシュ・フォアマン監督)では、モーツァルトの父、レオポルドを演じたロイ・ドートリスの声でした。

初期のテレビでは、特に『ローハイド』のエリック・フレミング(ギル・フェイバー役)の声、『ターザン』のジョニー・ワイズミューラー(ターザン役)の声が印象深いです。

また、NHKの人形劇『ネコジャラ市の11人』(井上ひさし、山元護久、山崎忠昭・作)だったと思いますが、「チェーン」という名前の老カウボーイ役の声を担当されたときのことです。

初め、その声を聴いて驚きました。

いかにも老人といったような、ものすごいダミ声なのです。

誰だろう、と思いました。

ところがチェーンが「おまえか、西部から来たブタヤロウは!」と言ったのを聴いてビックリしました。

紛れもない、あの美しい小林修さんの声だったからです。

一流の声優さんは、声を変幻自在に使い分けられるのだ、と知りました。

ウイリー

しかし、後年、大ヒットした『スパイ大作戦(MISSION:IMPOSSIBLE)』で、全シリーズにわたって務められたピーター・ルーパス(写真上/ウイリー・アーミテイジ役)の声を忘れることはできません。

ウイリーといったら、小林さんの透き通ったバリトンの声を思い出すのです。

アニメーションやゲームの方でも、たくさんの声を遺されました。

楽しい時間をプレゼントしていただき、ありがとうございました。

小林さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。







スポンサーサイト


【チェーンinネコジャラ市】
初めまして
「ネコジャラ市の11人」の話題に突っ込むのが趣味の 白馬と申します。

さっそくですが、「ネコジャラ市の11人」の「チェーン」ならばその声は、滝口順平(冬将軍)のはずです。(ダミ声です)

Mr.NAOさんがそう思ったのなら、そのセリフだけ、小林修さんだったのかもしれません。贅沢なキャスティングとも言えますが、当時の声優さん(声優という言葉すら存在しなかった)のギャラは安かったので、天下のNHKにとっては、どうということはなかったのでしょう。
【なるほど】
☆白馬さんへ☆
コメントをいただき、ありがとうございました。
『ネコジャラ市の11人』の前半は観ていませんでしたが、後半、ズズチャズ・ズチャーズ(声:若山弦蔵さん)が悪役で登場する頃からは、欠かさず観ていました。
最終回の音声は録音してあります。
声の出演者も豪華な顔ぶれで、実に面白いドラマでした。
この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。