≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


45周年

あの『ウルトラQ』がカラー化のうえ、DVDとブルーレイで発売されるそうです。

『総天然色ウルトラQ』というタイトルです。

VHSヴィデオが出た際にはソフト化を大いに喜び、デジタル処理されたDVDを観たときは、その画像と音声の鮮明さに驚いたものです。

それが、全編カラー版となって三たび甦るとは、なんと素晴らしいことでしょう。

DVDbox

当時の資料、関係者の記憶などをもとに、2年間をかけてカラー化された映像は、実にスマートでリアリティー溢れる仕上がりになっています。

ゴメス

この作品は、テレビ映画としては真に珍しく35ミリフィルムで撮影されたので、カラー版になると迫力充分です。

リトラ

第一話のゴメス(写真上の上、左。)と、これと戦うリトラ(写真上の上、右。写真上。)をはじめとして、伝説の怪獣や宇宙人たちが「総天然色」で帰ってくるのです。

バルンガ

↑巨大浮遊生物バルンガ

マンモスフラワー

↑マンモスフラワー

ガラモン

↑ガラモン

ペギラ

↑ペギラ

主演

主演は、佐原健二さん(写真上、中央。万城目淳役。)、西条康彦さん(写真上、右。戸川一平役。)、桜井浩子さん(写真上、左。江戸川由利子役。)。

博士

そして、登場しないエピソードもありますが、怪異現象を常に科学的に分析して万城目たちに適確な指導助言を行う、一の谷博士役の江川宇礼雄さん(写真上)。

スーパーマン的ヒーローは不在で、人間の智恵と勇気で信じがたい困難事に立ち向かっていくところが、非常に現実味のあるドラマです。

1964(昭和39)年9月から撮影が開始され、すべてのエピソードを撮り終わってから放送が始まりました。

今では考えられないシステムでしょう。

放送は1966(昭和41)年1月2日から7月3日まで。

毎週日曜の夜7時からでした。

人間の不条理に対する痛烈な批判、文明社会への警鐘、広大な宇宙に向けられた脅威の心、原因不明の天然災害の恐怖など、このドラマは多角的なメッセージに満ちていました。

怪獣や宇宙人を征伐して終わり、ではないのです。

ご存じなかった方は、ぜひご覧ください。



スポンサーサイト


【素晴らしい】
お久しぶりです。

私は初代ウルトラマンから観始めました。Qの方は再放送での視聴だったのですが、カラーだったウルトラマンと違い、Qの白黒の映像が怪奇さを際立たせていました。カラー版も是非観たいですが、白黒への切り替え選択もあったら更に嬉しいです。

Q、初代マン、セブンまではドラマとしても真剣に取り組まれていて非常に見応えがありましたね。30分弱のドラマとは思えないほど内容が濃かったです。
【同感です。】
☆象さんへ☆
コメント、ありがとうございます。
『ウルトラQ』は『アウターリミッツ』や『トワイライトゾーン』を大いに意識して作られたので、大人の鑑賞に堪えられる作品になっていました。
今度のカラー版DVDとブルーレイには、全編モノクロ版も付いていますので、比較しながら観ることができます。
どうぞご覧ください。
この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。