≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セット

半生の讃岐うどんで「もり」を作ろうと思ったのですが、ちょっと手を加えて『のりたま』にしてみました。

「のり(海苔)」は北海道産、「たま」は豊橋産のウズラの卵です。

薬味は熊本産のショウガ、付け合わせは揚げ玉にしました。

つゆは、麺に添え付けのぶっかけ用の濃い口つゆをアレンジしました。

このつゆは、香川県坂出市の老舗・鎌田醤油の製品です。

ぶっかけうどんや釜玉うどんの場合は、そのままかけます。

今回は「つけ」用のつゆにするので、250ccのミネラルウォーターで伸ばし、天然塩、本醸造丸大豆醤油、純米酒で味を調え、安曇野産のキャベツを煮込みました。

讃岐うどん・麺

このうどんは「中太」ですが、とてもなめらかでコシがあります。

また、食べていて非常に弾力があります。

いつものことながら、さすが『讃岐』です。

のりたま

海苔と卵は大変に相性が良いのですが、このふたつはまた、共に麺と極めて仲がよろしいですね。

和麺では、「ざる」「花巻」には海苔が、「月見」「鍋焼き」「あんかけ」「玉子とじ」には卵が欠かせません。

パスタのカルボナーラは卵が主役のようなものですし、和風パスタに刻み海苔を加えているお店も少なくありません。

ラーメンには、煮卵や薄焼き卵と海苔が両方あしらわれていたり、大きな丸い五目卵焼きが載った「天津麺」やたくさんの海苔で丼を埋め尽くす「海苔ラーメン」というメニューも存在します。

種類を問わず、麺は海苔や卵と一緒に食べると美味しいものなのだ、ということを人間はずっと昔から知っていたのです。

讃岐アップ

そういえば、麺にこれらを直接練り込んだ「海苔麺」「卵麺」というのもあります。

現に、以前、自分もよく打っていました。

また打ちましょうか。

手打ち、機械打ち、両方できますが、久しぶりに手打ちをやってみましょうか。

実行したらお知らせします。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。