≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チキンスープ

東京にあるダイショーという会社が出していた『赤鶏チキンスープ』。

化学調味料無添加の液体タイプで、たまに使っていたのですが、調べたら製造終了になっていました。

たまたまうちに賞味期限が切れていない買い置きがあったので、和中折衷のつゆを作って『もりそば&うどん』と合わせてみました。

パッケージに書いてある『中華風スープ』のレシピを参考にして作りました。

レシピ

つけつゆですので、水は加えませんでした。

しょうゆ、塩・こしょうはレシピどおり、鶏、しいたけ、卵は入れず、別のものを具材にしました。

セット

麺は3種類で『トリプルもりそば&うどん』としました。

そばは東京・調布の『深大寺そば』。

冷や麦は四国・香川の『讃岐ひやむぎ』。

素麺は長崎・雲仙の『島原手延べそうめん』。

つゆ

つゆには、長野・安曇野のサニーレタス、神奈川・葉山のワカメ、福岡・博多の万能ネギ、そして、愛知・豊橋のウズラの卵とコーンを。

さらに、麺の上には、またもやエビ入り揚げ玉を載せてしまいました。

蕎麦

温かいつゆに、冷やした麺をつけていただきました。

先ずは、そばから。

そばの褐色に醤油の焦げ茶色がよく合います。

歴史的伝統的な組み合わせです。

しかし、今日のつゆは味がちょっと違います。

チキンスープがベースなので、中華の味わいがほんの少しします。

でも、おろしショウガとガーリックパウダーは、文字どおり隠し味程度しか加えませんでしたし、ゴマ油を入れなかったので、そんなに中華的にはなりませんでした。

なんといっても「そば」なので、薬味には山葵(わさび)が合いました。

冷や麦

次は、冷や麦。

これに添えた薬味は生姜(しょうが)。

山葵も合うのですが、アクセントを付けるために。

冷や麦は、そばに比べると味の個性が強くありませんから、つゆにすぐ適合しました。

讃岐ひやむぎのなめらかさとコシは、「もり」にしてこそ、よりいっそう楽しむことができます。

素麺

殿(しんがり)の素麺には、ラー油を振ってみました。

すると、味わいが途端に中華風になりました。

冷水で締めた『島原手延べそうめん』はシャキッと筋が通っていて、実に気持ちが良い食感です。

化学調味料が入っていないと、スープが変に舌にまとわり付きません。

インスタントラーメンの場合は、むしろそれを楽しみたくて食べるのですが、自分で初めから作るときは、できることなら化学的なものが加わっている食材は使いたくありません。

この『赤鶏チキンスープ』が製造終了になってしまったとなると、代替品を捜さなくてはなりません。

ダイショーさんは、これに代わるものを新たに発売してくれているのでしょうか。

顆粒タイプの『化学調味料無添加・鶏ガラスープ』なら押さえてあるのですが、液体タイプはあまり目にしません。

探索してみましょう。






スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。