≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャルメラ塩

急にイタリア風味のラーメンを食べたくなったので、トマト中心の味付けにするなら塩ラーメンを下敷きにするのが良いだろうと思い、『チャルメラ・塩』を選びました。

そして、重宝な調味料を見つけました。

かけるトマト

カゴメの『かけるトマト』です。

「化学調味料無添加」が嬉しいですね。

「オニオン&チリタコス ちょい辛」と「バジル&ガーリック」の2種類があるのですが、後者を買って来ました。

いろいろなものにかけるだけで「イタリアン」が出来上がる、というのが売りです。

早速やってみました。

丼

先ず、『チャルメラ・塩』を作りました。

ただし、今日も「麺は別茹で、最後に純米酒」「ムロアジ&サバ節ダシの薄口スープをベースにする」を実践しました。

具材は、葉山産のワカメ、お魚ソーセージ、埼玉産のレタス、安曇野産のブロッコリー、国産の「うず麩」です。

小鉢に『かけるトマト・バジル&ガーリック』を入れて添えておき、塩ラーメンを少し味わったところで加えました。

実は、『チャルメラ・塩』を食すのは初めてでした。

塩ラーメンアップ

塩味スープは薄味で透き通り、全くクセのない素直な味わいです。

添え付けの白ゴマがアクセントになっています。

『サッポロ一番・塩ラーメン』が非常に個性的な味なのに比べると、この『チャルメラ・塩』は、ものすごく優しい「あっさり塩」だ、と思います。

そんな「塩」に『かけるトマト・バジル&ガーリック』を、文字どおりかけてみました。

イタリアンアップ

混ぜてみると、イタリアン的な色になりました。

バジルとガーリックの香りがしてきました。

スープを飲んでみると、パスタにかけるミートソースに近い感じでした。

しかし、スープが「あっさり塩」なので『かけるトマト』が上手く溶け込みました。

麺アップ

麺にもよく絡んで、望んだ味になりました。

この麺は「中細麺」で適度に曲線を描いているので、スープの絡みが良いのです。

先日もお話ししましたが、今回も「組み合わせの妙」ですね。









スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。