≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しおせん丼

長野の方から菜花(なばな)、葉山の方からワカメをいただいたので、その両方をいっぺんに食してしまおうと考えて、麺料理に使いました。

そして、今回はちょっと変わった食材も加えました。

小型の「しおせんべい」です。

直径4センチほどの、薄くて固いタイプです。

上の写真で器の真ん中に載っている丸いものが、その「しおせん」です。

「しおせん」の左が菜花、上の方で菜花の下に忍んでいるのがワカメです。

右半分に見えているちぢれ麺は、インスタント・タイラーメンの麺、上のストレート麺は、島原手延べ素麺です。

タイラーメンの麺は約55グラムと些(いささ)か量が少ないので、素麺一束(50グラム)を合わせます。

ひとつのスープでふたつの麺を味わえるのも嬉しいものです。

自家製のめんつゆをミネラルウォーターで薄めて沸騰させ、食べるラー油、おろしショウガ、おろしニンニクを入れ、菜花、ワカメを軽く煮て、最後に「しおせん」を加えてしんなりしたら火を止めます。

別鍋で芯があるくらい硬めに茹でた素麺をスープの鍋に入れて待機させ、一方、素麺を茹でた鍋でタイラーメンを茹でます。

タイラーメンに添えられている粉末スープと調味油は取っておいて、またの機会に使います。

タイラーメンを硬めに茹で、純米酒をおおさじ1杯入れたところでザルに取ります。

素麺入りのスープを器に移し、タイラーメンを加えたら出来上がりです。

素麺1

島原手延べ素麺は、流石にコシがしっかりしており、それでいてスープもよく絡みます。

タイラーメン

タイのインスタント麺は伸びやすいので、呉々も硬めに茹でることが大事です。

しおせんアップ

菜花の茎は繊維質が多く固いので、今回は葉だけを使いました。

この菜花は全くクセがなく、春の風情を感じることが出来ました。

ところで、「しおせん」ですが、程よく柔らかくなると独特の食感が生まれて美味しいです。

ギョウザの皮を思いっきり分厚くして火であぶり、ほんのり焦げ目を付けたらこんな感じになるのでしょうか。

しかし、「しおせん」は米を原料にしていますから、スープに入ってふやけるとネットリ感が出ます。

それがイケルのです。

麺と同じく、茹で過ぎは厳禁です。

やってみてください。









スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。