≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


丼

トムヤムスープのペーストがあったので、そこにトマトを加えて、「トムヤム・トマト麺」を作ってみました。

トムヤムスープを作って、ざく切りトマトとキュウリを入れ、いつものとおり青菜(小松菜)を投入。

今日は「食べる煮干し」を一緒に煮てみました。

「食べるラー油」もドッと入れました。

そして、今回の麺は手延べの「淡路島ぬーどる」。

魚&麺

スパゲティーに近い硬さが、トムヤム・トマト味に真っ向から立ち向かってびくともしない逞しさです。

この麺は辛いスープ、濃厚なスープによく合うのです。

麺硬さ

見るからにがっちりした作りの麺ですね。

もう少し柔らかかったらチャンポンの麺に近いかな、という感じですが、この男性的この上ない個性的なコシは、他の麺にはちょっと真似できないかもしれません。

麺長さ

そして、麺の長さは29センチ。

真に食べ応えがあります。

ところで、もともと「辛い+酸っぱい」のトムヤムスープですから、その「辛い」と「酸っぱい」を強めるには、それぞれの味を持ったものを加えれば良いのです。

そこで、「辛い」を増強する意図で、今日は「食べるラー油」を入れたわけです。

そして、トマトを煮込んだのは、「酸っぱい」を強めたかったからです。

酸味を出すために「酢」を入れてはいけません。

途端に無機的な味になります。

米酢(こめす)ならまだしも、普通の酢は絶対にお勧めできません。

反対に、レモンはものすごく良い効果を上げます。

自然の酸っぱさとほのかな香りをもたらしてくれます。

タイ料理の酸味には、トマトかレモンですね。







スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。