≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


淡路ぬーどる

兵庫県淡路島の「淡路島ぬーどる」をご存じですか?

2009年9月、洲本商工会議所が「御食国(みけつくに)プロジェクト実行委員会」を結成。

この委員会が島内の製麺業者に委託して開発した麺が、「淡路島ぬーどる」です。

上の写真は委員会のページから拝借させていただいたものですので、実際に「淡路島ぬーどる」を使って作られた麺料理だと思います。

美味しそうですね。

もともと淡路島は手延べ素麺の産地ですので、その技術を活かして新しい麺を作り、地産地消と観光客の招致という一石二鳥を狙ったのです。

麺の太さは2ミリ、長さは38センチと、パスタに近い形ですが、かんすいなどは含まれていないので細うどんという認識で良いかと思います。

委員会は、島内の飲食店にこの麺を使ってオリジナルのメニューを創作することを提案。

この麺と淡路島特産のタマネギを使うことだけが条件で、あとは総て料理人の自由とあって、ラーメン風、煮込みうどん風、パスタ風、つけめん風、冷やし中華風、カレーうどん風、冷や素麺風、広島お好み焼き風、といった具合に、各店で実にユニークな「淡路島ぬーどる」が提供されているそうです。

現在、33軒のお店で独自の「淡路島ぬーどる」を食べられるとのことです。

それらのお店を網羅した「淡路島ぬーどるMAP」をご覧ください。

2010年1月からは、島内の小売店、スーパー、観光土産店などで一斉に販売が始まりました。

調べてみましたが、まだネット販売は行われていないようです。

早く売り始めていただきたいものです。

ロゴ

新しく麺を、それも手延べ麺を開発して、地元の経済を元気にしていこうという発想は、素晴らしく斬新でとても面白いと思います。

全国にご当地ラーメンやご当地うどんがたくさん存在する中、「淡路島うどん」ではなく「淡路島ぬーどる」と命名したのは、この麺をうどんと位置付けたくなかったからかもしれません。

和風だけでなく、洋風、中華風、エスニック風、無国籍風、と如何様(いかよう)にも調理して楽しんでほしいという気持ちが、この麺をうどんという狭いカテゴリーに押し込みたくないというところに向いたのでしょう。

では、島内各店の「淡路島ぬーどる」をいくつかご紹介しましょう。

まずは、ゑびす亭さんの「あわじ鯛めん蛸(たこ)めし膳」。

鯛めん

和風のつゆに入った麺の上には分厚い鯛。

蛸めしはおにぎりの形で付いています。

鯛も蛸も淡路島の名物です。

天ぷらや茶碗蒸しなどが一緒に出て来るとリッチな気分になれます。

次は、咲咲(さくさく、と読むのでしょうか?)さんの「あわじしまぬーどる焼き」。

お好み焼き

ものすごいてんこ盛りです。

この中に麺がいっぱい詰まっているのでしょう。

淡路島の人も広島の食べ物がお好きなようですね。

そして、ホテルニューアワジ内レストランシーサイドさんの「淡路島ぬーどるのブイヤベース風」。

ブイヤベース

黄色く見えるのがブイヤベース風のスープで、その中に麺が入っているのです。

見た目は完全にフランス料理です。

ここまでくると脱帽です。

淡路島は淡路牛が有名ですので、伺ったときにいただいたことがありましたが、そのときはまだ「淡路島ぬーどる」は影も形もありませんでした。

次にお邪魔したときには是非とも食してみたい、と思っています。




スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。