≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うーめん

手延べ温麺(うーめん)が手に入ったので、青菜うどんを作ってみました。

温麺は宮城県白石(しろいし)市の名産品で、白石温麺(しろいしうーめん)と呼ばれます。

麺は9センチの長さで、70グラムの束が4つずつパックされて売られています。

油を使わずに手延べで作られます。

発祥などについては、ずいぶん前になりますが一度ここでお話ししましたので省略します。

もっとも、上の写真のパッケージに書いてありますが。

うーめん丼

今回は、ムロアジ&サバ節でダシを取り、天然塩と料理用純米酒だけで味を付けました。

青菜をふんだんに加えて、栄養豊かにしてヘルシーな一品にしたつもりです。

写真ではわかりにくいと思いますが、青菜は2種類入れました。

ひとつは大根葉です。

有機栽培をしている友人から巨大な三浦大根をいただきましたので、その葉を食すべし、ということで大いに使わせていただいたのです。

三浦大根の葉は青首大根の葉と違ってとても柔らかく、そのまま生でも食べられそうなくらいです。

根はもちろん生でいただきますが、葉の方も負けていないのです。

この三浦大根の葉を煮込んだところに、府中産の小松菜を投入し、例によって一煮立ちです。

今日は、お魚ソーセージも共に煮、仕上げにコーンを散らしました。

うーめん卵

青菜はウズラの卵とも相性ぴったりです。

大根葉には、ビタミンC、カロチン、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれているといいます。

成人病や癌の予防、骨や歯、爪などの健康保持、美肌などに効果があるそうです。

うーめんアップ

さすが手延べだけあって、温麺の麺はプリプリでツヤツヤです。

今回の温麺は「はたけなか製麺株式会社」の製品ですが、白石温麺のメーカーは他に何社もあります。

各社の製品を食べ比べてみるのも面白いですね。

うーめんイラスト

それにしても、このパッケージのイラストはなかなか楽しいです。

その製品の由来について、パッケージの表で堂々と物語っているのです。

普通なら、やるとしたら裏面に書くでしょう。

こういう商品は、ちょっとないのではないでしょうか。

そう思っていましたら、この会社のホームページに書いてありました。

「H19年 (財)食品産業センター 食品の情報提供ヒント集 <食卓へ豊かさと楽しさをお届けする優良パッケージとして紹介されました。>」

製品そのものもさることながら、このパッケージもまた評価されているのです。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。