≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とろろたぬき

とろろ昆布を使って、「とろろ昆布たぬきうどん」を作りました。

とろろ昆布からは良いダシが出ますので、重宝です。

昔は、とろろ昆布と少量の醤油を器に入れ、お湯を注いで即席のお吸い物として飲んだりしたものです。

とろろ昆布だけだと味が不充分ですので、今回は、粗挽きソーセージとムロアジ&サバ節の力も借ります。

<材料(1人分)>

ミネラルウォーター 400cc

とろろ昆布 大さじ2

ムロアジ&サバ節 大さじ1

料理用純米酒 20cc

粗挽きソーセージ 2分の1本

小松菜 お好みの量

コーン 大さじ1

揚げ玉 お好みの量

天然塩 大さじ1

本醸造丸大豆醤油 小さじ1

うどん(乾麺) 100グラム

<作り方>

1 鍋でミネラルウォーターを沸騰させる。

2 そこにとろろ昆布とムロアジ&サバ節、料理用純米酒を入れる。

3 粗挽きソーセージ、コーンを投入し、暫く煮る。

4 天然塩と醤油で味を調える。

5 小松菜を加えて一煮立ちしたら、火を止める。

6 並行して別の鍋で茹でたうどんを器に盛り、具入りのつゆをかけ、揚げ玉を載せて出
  来上がり。

とろろ昆布

とろろ昆布は、ちょうど昆布茶のような素朴な甘味とコクを出してくれますが、これを酒がいっそう引き立ててくれます。

だから、とろろ昆布を使うとき、酒は欠かせないのです。

上の写真で、手前のつゆの上に、網のように広がっているのがとろろ昆布です。

麺にもよく絡み、また、うどんに良く合って美味しいです。

麺

とろろ昆布は、生活習慣病の元となる物質のうち、中性脂肪の増加を防ぐ働きがあるといいます。

それは、とろろ昆布に、中性脂肪の抑制に効果がある水溶性繊維が多く含まれているからだそうです。

さる大学の先生の実験によると、とろろ昆布を与えたラットは中性脂肪の上昇値が3分の1まで減少した、とのことです。

ただし、これは体内の中性脂肪を減らす、ということではありません。

増加を抑える、ということです。

また、普通の昆布ではこうはいかないようです。

とろろ昆布は昆布の表面を削って裁断しているので、水溶性繊維が細分化されて体内に吸収されやすくなるため、効果を上げるのだそうです。

これからお正月で、ハイカロリーの食品を食べてしまいがちです。

とろろ昆布で健康を保ちましょう。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。