≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


つぶやき岩の秘密

もうずいぶん前のことです。

高校生時代に見たテレビドラマ『つぶやき岩の秘密』のことが急に知りたくなって、研究しました。

あの、鮮烈に印象に残っているフィルムで撮られた何作かの連続ドラマは、誰の作品で、ロケ地はいったいどこだったのだろうか。

インターネットがない時代でしたので、まずその放送年月日を知りたいと思い、図書館に行って新聞のバックナンバーを引っぱり出し、自分が高校に入った年から卒業した年までのテレビ番組欄を片っ端から調べました。

確か、高校2年の夏に観た記憶があったので、その年の新聞は特に念入りに見ました。

すると、ありました。

記憶どおり、高校2年のときの7月の放送でした。

新聞

こどもニュースの後、平日の午後6時05分から30分まで。

これを発見したときの喜びは、忘れることができません。

しかし、これだけでは単に放送の事実を確認したに過ぎません。

原作者がいるとすれば、それは誰なのか。

それとも脚本家のオリジナル作品なのか。

オールロケによる作品だったが、それはどこで撮影されたのか。

そのとき、はっと気付きました。

ひょっとしたら、番組紹介の記事が出ているかもしれない。

そこで、第1回の放送日のテレビ番組欄の下を丹念に読んでみました。

そうすると、果たしてあったのです。

小さいですが、このドラマについて書かれた記事が。

そこには、次のように書かれていました。

「神奈川県三戸浜海岸を舞台に、両親を失った少年が不気味な事件に巻き込まれていく過程を、美しい自然を背景に描く。原作・新田次郎。出演・佐瀬陽一、菊容子、巌金四郎、他。全6話。」

神奈川県か。

三戸浜海岸?

なんて読むんだろう。

今度は地図を借りてきて見てみました。

三戸浜は、「みとはま」って読むのか。

三浦市か。

近いじゃないか。

新田次郎か。

あの山岳小説の作家が、あんな作品も書いていたのか。

佐瀬陽一というのが主人公の少年で、菊容子がその学級担任の先生、巌金四郎が祖父だな。

そうそう、行商人の役で陶隆(すえたかし)、老人の役で美川陽一郎も出ていたはずだ。

これは、なんとしてもロケ地に行ってみなければ。

図書館を後にするとき、次の休日にはクルマを飛ばして三戸浜海岸という所に行こう、と決意していました。

そして、翌週の日曜、満を持して横浜横須賀道路を南下したのです。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。