≪ 2018 05   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワンタンメン

エースコックのワンタンメンのようなものを自分で作ろうと思い、ワンタンの皮を買ってきました。

そして、いつものようにインスタントラーメンを作りました。

野菜を煮込むスープの中にワンタンの皮を数枚入れました。

ワンタンの皮はすぐに火が通るので、入れてから20秒ほどで火を止めます。

器に麺を盛り、そこへワンタン&野菜スープをかけます。

ワンタンの皮には何も包んでいませんが、本当にエースコックのワンタンメンのようで美味しいです。

ワンタン2

ワンタンの皮はくっついてしまうのが玉に傷ですが、熱々のところをいただくとツルツルッとして食欲が出ます。

今回は「サッポロ一番担々麺」を使いましたが、醤油味、塩味、味噌味、とんこつ味、カレー味、はたまた、沖縄そば、うどん、煮麺、日本そばなど、中華の味だけでなく和の味にも、ワンタンの皮は合うと思います。

これからの季節、タネのひとつとして鍋に入れても良いでしょう。

ただ、入れてすぐに食べないとドロドロになってしまいますから、その点は注意が必要です。

ワンタンの皮より厚いギョウザの皮を使うと、そういう心配は少しなくなります。

逆にもっと薄いシュウマイの皮ですと、ほとんど「しゃぶしゃぶ」のような扱いをしなければならないでしょう。

でも、それも面白いかもしれません。

うちでは、たまにギョウザの皮を打つので、今度は自家製でやってみようか、と思います。

ワンタン

ワンタンやギョウザの皮もまた麺の一種ですから、これらを麺の上に具として載せるという食べ方を「共食い」と呼ぶことにしています。

パンに麺を挟んだ「焼きそばパン」と同じ発想です。

同類の食材を同時にいただくという食もまた美味しいものなのです。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。