≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




健太は、内気で奥手の少年だった。

高校からも、いつも一人で帰った。

でも、とくべつ寂しいとは思わなかった。

家の自分の部屋で、細い体を折り曲げてコンピュータ・ゲームをしていれば、すべてが楽しかった。

来年は高三だというのに、と両親は一人息子の行く末を案じたが、大学なんて入れるところに行ければいい、と暢気(のんき)に構えていた。

学校からの帰り道、その日も健太は一人だった。

電車を降り、商店街を抜け、路地に入ると、ほとんど人通りがなくなる。

もう、家まで七、八分だ。

今日は、この前買った、あのゲームをやろう。

そう考えながら、何気なく道ばたの電柱に目をやって、健太は、はっとした。

電柱

電柱の裏で、地面がぼんやりと光っている。

曇り空の下、いつもよりいっそう薄暗いこの裏道にあって、その光は異様な存在感を示している。

健太は、恐る恐る電柱の根元を覗き込んだ。

夜光塗料か、それとも、液晶テレビかな・・・。

靄(もや)のようにたゆたう緑色の光の塊。

瞳を凝らしてよく見ると、光の中心には、果たして一個の物体が横たわっていた。

消しゴムほどの大きさの直方体で、淡い緑色をしている。

なんだろう・・・・・・。

ちょっと怖かったが、健太は思いきってその物体を手に取ってみた。

不思議なことに、それは、まるで重さがないように感じられた。

緑色の光を顔じゅうに浴びながら、目の前でひっくり返してみると、その物体の裏には、何も書かれていない銀色のステッカーが貼られていた。

はがそうとしたが、まるで爪が立たない。

また、発光しているのに、その物体は少しも熱くなかった。

しかし、プラスティックとゴムの間(あい)の子のような肌触りの中に、かすかな温度が感じられるような気がした。

それにしても変わってるな・・・。

電池が入っているようにも見えないし。

だいたい、光源すら見当たらない。

その物体は、とにかく表面全体から等しい光度で光を放っていた。

・・・なんてきれいな光なんだろう。

健太はうっとりと見とれながら、その物体をズボンのポケットに入れた。

もうじき大通りだ。

それを渡れば、もう家だ。

健太は、右太腿の上におさまっている物体を、心無しか労(いたわ)るように、ゆっくりと歩を運んだ。

アパートを過ぎ、「鍼灸(しんきゅう)」の看板を越し、オレンジ色のポストを左に認めると、すぐそこが大通りの歩道だ。

なんだか、今日はいつもより長い路地だったな。

と、ようやく歩道に出た、そのときだった。

ん?

ポケット

右ポケットの辺りが温かい。

思わず立ち止まると、、温かさは、じんわりと広がり始めた。

ズボンの中で物体が発している緑色の光に、服の下の体全体が、徐々に徐々に包み込まれていくような感じだ。

そして、・・・なんだ、この心地よさは・・・。

まどろみにも似た、奇妙な・・・。

なんだろう・・・・・・。

健太は、歩道を歩き出した。

健太の頭の中には、もうコンピュータ・ゲームのことなどなかった。

早く帰って、この不思議な物体とじっくり対面したい。

健太は、そればかりを考えながら、歩を速めた。

今や、健太は、母親の胎内にいるかのような安堵感(あんどかん)の只中(ただなか)にいた。

そして、この妙な感覚を与えてくれているに違いない、ポケットの中の物体に対する好奇心は、ますます大きく膨らんでいった。

                                     つづく
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。