FC2ブログ
≪ 2018 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2018 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


翔太

21

あの子は、生きていれば、ちょうど翔太さんと同じくらいの歳です。

こちらの勝手な都合で、おかしな買い物をさせてしまって、すみません。

しかし、私は、どうしてもお二人に幸せになってほしかったのです。

そして、そのための第一歩を踏み出される力を、あの、私がデザインした一組の指輪が、ほんの少しでも与えて差し上げられるなら、それは、私にとって、無上の喜びでした。

いいえ。

翔太さんが、毎晩見つめたくなるほど、渡しの指輪を気に入ってくださったことが、私にとっては、先ず第一に、何よりも嬉しかったのです。

あの晩のことは、終生、忘れられないでしょう。

まさか、この私が、お二人の新たな門出に立ち会わせていただけるとは、全く予想もしていなかったことでした。

お気付きではなかったでしょうが、お二人が指輪を交換されている間中、私は、涙を必死でこらえていたのです。

それにしても、いいお仕事が見つかり、しかもそれがとても順調でいらっしゃるご様子、誠に結構でした。

良かったですね。

私も、本当に喜んでいます。

お二人のご発展を、心よりお祈りしています。

それから、大変に口はばったいことを申し上げるようですが、親御さまのところにおいでになって、近況のご報告をなさっては如何でしょう。

お気が進まれないこととは思いますが、親御さまは、さぞやご心配されていらっしゃることと存じます。

親として人を育てたこともない自分が、こんなことを申し上げるのは不遜かもしれないのですが、お二人がおいでになれば、親御さまは、きっと喜んでくださるに違いない、と思います。

どうか、お考えになってみてください。

お願い申し上げます。

箱の中のお金は、どうぞお持ちください。

ウエディング・リングは、私からお二人へのささやかな贈り物です。

ほんの一瞬でしたが、何物にも代え難い、とっても温かな時を過ごさせていただいたことへのお礼です。

指輪の代金としてお預かりしたお金は、お二人の血と汗の結晶だ、と思います。

できれば使ってしまわずに、お手元にずっと置いておかれるとよろしいと思います。

将来、何か辛いことがあったら、そのたびにこれをご覧になり、頭金三万円と、頑張って頑張って、ひと月に千円札をたった一枚ずつ送金した頃のことを思い出し、初心に返ってください。

紙幣

そうすれば、何も怖くない、と思います。

長々と、とりとめもなく、また、大変に失礼なことも申し上げてしまい、誠に申し訳なく思っております。

いつか、改めてお二人にお目にかかれますことを、心から楽しみにしております。

どうぞ、お幸せに。

乱筆乱文、お許しください。

                                     敬具

                         五月吉日  
           
                                    岡田貴彦

木村翔太 様
  里沙 様                                 」

青年は、溢れ出る涙を拭おうともせず、ゆっくりと便箋を折りたたみ、封筒に入れた。

「・・・・・・ありがとうございました。」

青年が深々と礼をすると、彼女も肩を震わせながら頭を下げた。

それに応えるように、妻も無言でお辞儀をした。

青年が静かに言った。

「・・・うち、行こう。」

彼女が「うん。」とうなずいた。

フォトフレームの中で、岡田は、ゆったりと微笑んでいた。

                                       了
                                
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。