≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リア王


 
「うちの劇団を志望した動機を教えてください。」

「高校生のときに舞台の芝居を初めて観たんですけど、その芝居がすごくって、それで大学も演劇科に行ったんですけど、『十二人の怒れる男たち』っていう芝居で、その主役をやってた野村修さんがものすごい存在感で、もう感動しまくりってやつで、それで最初は野村さんの劇団に入ろうと思ってたんですけど、野村さん、退団されちゃって、それを知ったときはすっごく悲しくて、大学もやめちゃおうかと思ったくらいだったんですけど、そしたらあの劇団、分裂しちゃって、やる芝居も軟弱なやつしかやらなくなっちゃって、もうこれはダメだと思って、で、こちらの公演を、あの、『リア王』を観まして、そしたら松井栄さんのリアがとんでもなくすごくって、びっくりしてしまって、で、こりゃあこの劇団しかないなと確信しまして。」

「好きな劇作家は誰ですか?」

「シェイクスピアです。」

「ほう。本格的ですね。やってみたい作品は?」

「全部やってみたいですけど、『ハムレット』と『ロミオとジュリエット』と、それにもちろん『リア王』も。」

「松井の影響大ですね。」

「はい。松井先生に教えていただけるって思ったら、それだけでシアワセです。」

「役者の修行はきびしいですよ。」

「わかってます。大学でも芝居、ずっとやってきましたし。」

「学生演劇とプロは全然違いますよ。できますか? 一生食えないかもしれませんよ。」

「覚悟してます。芝居ができれば、後悔ないです。」

「そうですか。わかりました。では、合否の通知をお待ちください。」

「ありがとうございました。」

小田健一は、この瞬間、「落ちたかも。」と思った。

「オレって、なんで緊張すると、ちゃんとした日本語、言えないんだろう。それでも役者かよ。」

帰りの地下鉄の中で突っ立ちながら、健一は真っ赤になった頬を両手で覆った。

ついさっき演じた実技試験のエチュードが体の中で泥流のようにうねって廻って、頭がぐつぐつと沸騰する。

そして、すぐさまそれを追いかけるように面接の一問一答が反芻する。

電車が停まった。
 
「あれ? バカ!」

健一は腹立たしくドアから走り出た。

「反対じゃないか!」

 向かいのホームめがけて階段を駆け上がりながら、健一は心の中で吐き捨てるように言った。

「まともに家にも帰れないのかよ、オレは!」

一気に階段を駆け下りると電車がちょうどやって来た。

今度こそ正しい電車に揺られながら、ドアのガラス窓を見ていると、そこに突然、沙耶(さや)の姿が映った。

健一は驚いて振り返った。

だが、そこには誰もいなかった。

「あたし、よく考えたんだけど、やっぱりケンのマジメすぎるところについていけない。ごめんね。疲れるのよ、いっしょにいると。入団試験、がんばってね。応援してるわ。さようなら。」
 
まる一日前、沙耶に言われたことばが耳の奥で鳴った。

                                     つづく





スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。