≪ 2018 05   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑の植物

ところで、本作の公開にあたりまして、次のことを前もってお断りしておきます。

1 これは、私の個人的な体験記です。
  
  従いまして、このとおりのことを実践したからといって、必ずしも全員が効果を得られるものではないかもしれません。

2 私は医者ではありませんので、私と同じ方法でダイエットをおこなった方がもし健康を損ねられたとしても、一切責任を持てません。

  気になる方は、専門医の先生にご相談くださいますよう、お願い申し上げます。

3 太っていても健康ならば良い、と私は思います。

  逆に、痩せていても不健康な方もいらっしゃるでしょう。

  要するに、人にはその方にとって最良の体型というものがあるのだ、と思います。

  私の場合は、太ったら不健康になる体だったのです。

  ですから、私は痩せなければならなかったのです。

4 私は、太っている人は良くない、痩せている人は良い、などとは思いません。

  また、とにかく痩せればよいというような、体に悪いダイエット法には決して同意致しません。

私の目標は健康です。

本作が、世の不健康肥満で悩んでいらっしゃる方々にとりまして、何かのご参考になれば幸いです。


第1章 「1991年以前」

少なくとも、1991年以降、私と会ったことがない人は、今往来で私とすれ違っても、それが私だとわからないでしょう。

現に、同僚の結婚披露宴で久しぶりに顔を合わせた友人に挨拶したのに無視された、というような体験がたくさんあります。

しかし、1991年以前の私は、「現在進行形型・メタボ太り」驀進中だったのですから、それは無理のない話なのです。

真にあの頃はひどいものでした。

当時の私の食生活は、正に狂気の沙汰でした。

体に悪いとされる食行為を殆ど総て実践していたと言ってよい、そんな毎日でした。

                                    つづく

   
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。