≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辛白1

今は亡き、東洋水産株式会社による『やみつき旨辛 辛白ちゃんぽん』を電子レンジで調理してみました。

辛白トップ

例によって、器に、自家製アルカリイオン水(500cc)、埼玉産有機栽培小松菜の茎(大6茎)、青森産有機栽培大蒜(大1片)、擂りおろした高知産有機栽培生姜(大さじ1)、冷凍小海老(6尾)を入れ、蓋をして電子レンジ(500ワット)で8分間加熱します。

辛白サイド

8分後、器の熱湯を『辛白』のカップに入れ、麺が浮き上がったら麺ごと器にあけます。

辛白写真

このとき、スープや「かやく」がカップに残らないように、器の熱湯でカップをすすぎ、そのお湯も器に入れます。

辛白顔

器の麺をほぐし、小松菜の葉を加え、蓋をして電子レンジで2分間加熱。

別添の特製油をかければ出来上がりです。

辛白真ん中

小松菜のおかげで豊かな姿となりました。

辛白れんげ

スープに小海老の旨味が出て、本格的な「ちゃんぽん味」に。

辛白小海老

小海老をはじめ、もともと入っていた蒲鉾、キャベツ、木耳、烏賊、コーンなどの「かやく」も量が少なくなく、「ちゃんぽん」の面目躍如。

辛白麺アップ1

麺もしっかり「ちゃんぽん麺」。

辛白麺アップ2

普通の中華麺とは違うコシと風味がきちんとあり、カップ麺にしては上々。

これも電子レンジ調理のおかげでしょうか。

熱湯を注ぐだけでは、ここまでの出来は望めなかったかもしれません。

しかし、最早製造終了のため、それを検証してみることはできません。

2016年2月発売にして3か月ほどの儚い生涯でした。

消長頻度甚だしきインスタントラーメン業界なのです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。