≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷麺1

モランボン株式会社による『ごま豆乳 生 冷麺』『もり冷麺』を作ってみました。

冷麺2

本来は添付液体スープを薄めて麺にかけるのですが、薄める自家製アルカリイオン水の量を半分以下にして「つゆ」とし、麺をこれにつけて食べることにしたのです。

冷麺3

冷麺の麺は蕎麦粉が入ったツルシコ麺、今回のスープは鶏白湯、豆乳、練りゴマの味わいです。

冷麺4

焼き肉などを食した後にいただく冷麺を単独で食べるので、薬味や付け合わせを豊富にしました。

冷麺5

高級な韓国料理店には及びもつきませんが、庶民の味を楽しみました。

冷麺セット

麺の茹で時間は、非常に短くて1分。

冷麺薬味

薬味は、有明産焼き海苔、練り本山葵、練り本辛子、高知産有機栽培生姜、千葉産有機栽培長葱、豊橋産ウズラの卵、付け合わせは、長野産有機栽培レタス。

冷麺もり

麺はたっぷりの自家製酸性水で茹で上げ、自家製アルカリイオン水で揉み洗いしました。

冷麺つゆ

豆乳入りのつゆは、見るからにまろやか。

ガーリックパウダーを多めに入れてみました。

冷麺アップ1

仄かに甘酸っぱいつゆがしっかりと麺に絡んで、他の麺にはない独特の強いコシとツルミ、実にしっかりとした歯応え、そしてほんのり香る蕎麦粉の風味を上品に引き立てます。

冷麺アップ2

どの薬味も合い、特に葱との相性は抜群でしたが、さすが韓国料理、一味唐辛子がまたピッタリときました。

これから冷たい麺が益々美味しくなってきます。

たとえ知事が公金でホテルに泊まろうがクルマを買おうが、淡々と『麺喰い』を続けます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。