≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


tomyum1

日清食品株式会社による『NISSIN CUP NOODLES TOM YUM SHRIMP SABB FLAVOUR』を入手しました。

tomyum2

日本語で言うと『日清カップヌードル トムヤンクン味』です。

ただし、こちらはタイで作られた輸入品で、タイで売られているのと同じ味と思われます。

japanese

従って、日本で売られている『NISSIN CUP NOODLES トムヤンクンヌードル』とは全くの別物です。

tomyumtop

タイ産の方は日清食品のサイトにも出ていませんので、一部のスーパーなどでだけ販売している限定商品なのでしょう。

tomyumface

これは、確か2年くらい前に発売されたことがあると記憶します。

ここでも紹介したはずです。

それが再びの登場とは嬉しいです。

油揚げ麺はぐっと小振りで45グラム。

「かやく」は、味付卵、キャベツ、ねぎ、味付えび。

以前にもお話ししましたが、『トムヤムクン』の「トム」は煮る、「ヤム」は混ぜる、「クン」はエビのことです。

ですから、『トムヤム』は『寄せ鍋』スープというような意味で、鶏(ガイ)を入れたら『トムヤムガイ』、豚(ムゥー)を入れたら『トムヤムムゥー』、魚(プラー)を入れたら『トムヤムプラー』、イカ(プラームック)を入れたら『トムヤムプラームック』となります。

タイの魚醤を『ナンプラー』と言いますが、「ナン」は「水」、「プラー」は「魚」ですから、「魚の内臓で作った液体調味料」となるわけです。

タイ産のトムヤムラーメンを食すのは久しぶりなので、楽しみです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。