≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩豆うどん1

有限会社高柳製麺&鳩豆工房 旬の花 美味の会による『鳩山特産 鳩豆うどん』を入手しました。

鳩豆うどん2

埼玉県鳩山町の黒大豆を練り込んだうどんです。

鳩豆うどん3

これを食べるのは初めてです。

そこで『バラエティーもりうどん』を作ってみました。

鳩豆うどんセット

茹で時間8分。

「うどん湯」を飲みたいので、自家製酸性水ではなく自家製アルカリイオン水で茹でました。

つゆはの材料は、自家製アルカリイオン水、本醸造丸大豆醤油、枕崎産鰹節、北海道産天然日高昆布、純米酒、瀬戸内産天然塩。

鳩豆うどん薬味

いろいろな薬味を揃えて『バラエティーもりうどん』としました。

内訳は、茨城産生姜、三陸産天然若布、千葉産有機栽培葱、練り本山葵、練り本辛子、豊橋産鶉の卵。

付け合わせは、茨城産糠漬け胡瓜。

鳩豆うどんもり

黒豆入りなので、うどんとはいえ、姿は蕎麦のように茶色がかっています。

鳩豆うどん麺

しかし、風味はもちろんうどん。

言うまでもなく、黒豆の香りがそこはかとなく漂います。

鳩豆うどんつゆ麺

物凄いツルミと弾力に驚きました。

それでいてきちんとコシがあります。

初めてだったのでパッケージの指定どおりの時間で茹でましたが、もう少し茹で時間を短くすると一層絶妙な出来になるだろうと思いました。

これは、また購入して再度食してみたくなりました。

埼玉の素晴らしい麺をまたひとつ見つけました。

『麺喰い』にとって真に嬉しい体験でした。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。